2014年10月23日

夕暮れ時の足柄平野

10月に入ると太陽が日毎に低く傾き
夕暮れ時の足柄平野は残光と陰の部分が明確になる。

箱根外輪山の明神岳に日が沈む夕暮れ時、
自然が奏でる正に“光景”は見応えがある。

まだ光の当たってる所も紙の端から水が染み入るが如く
見る見るうちに陰っていき僅かに目を離すと平野は完全に陰の中。
家々の屋根も灰色一色に染まり夕食作りに追われる時。

箱根外輪山と曽我梅園のある曽我丘陵に挟まれた極狭の足柄平野は
酒匂川水脈で潤った豊かな土地で豊潤な相模湾に山と川。
特に水が良質で空気も程々。

そんな平野に毎日自然が奏でる光景を楽しめる贅沢がある。


001.jpg
狭い平野だからこそ見られる光景は刻一刻と変化し灰色に染まる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:58 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする