2014年10月07日

船をきれいに保つには

第三ダボハゼ丸は進水してから10年以上をここマリーナで経過した。

桟橋に舫だ外観からは
とてもそれほど経過してるようには見えないと誰もが言う。

沖上がりしてきた後真水を船体にかけてるだけだが
塩による変色が防げるからで後は何もしてない。

進水した当時ヤンマーのHさんから
潮だけは真水で洗っておくと良いとアドバイスを受けて
毎回そのようにしてるためだ。

車と異なり船の環境は塩分という強敵がある。
これと水面から反射される紫外線はFRPの船体を変色させる。
雨が降れば上部は洗い流されるがハルの側面は雨の恩恵を受けないから
このひと手間が重要になる。

それこそ洗車は一度もしたことないが
船の塩分だけはその都度落とすようにしてる。


001.jpg
とても10年以上経ってるようには見えないでしょ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:53 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする