2014年10月26日

車で行く秋の北海道(3)〜 大荒れの太平洋

郡上市を楽しく散策し一期一会の人との会話の中で
宗広力三さんのことを話したら、たいそう驚かれ郡上市では
町一番の自慢できる偉人で教科書にも載ってるそうな。

町を出て高速に乗るがいつものように名古屋に入ってからは
どこをどう走っているのか皆目検討付かずカーナビに指示されるがまま
リニア鉄道館からフェリーターミナルに。

いつ見ても惚れ惚れする巨体を桟橋のビットに繋ぎ
微動だにしない船姿は心をときめかすに十分。

既にレストランの明かりは灯され早くおいでと言ってるよう。
特別これはというほど旨い物があるわけでも無く
どちらかと言えば若者向きな料理が多いビュッフェスタイルなのだが
船の上での非日常的の食事なのでこれは楽しい。

やがてジャラーンジャラーンとドラが鳴らされ
名港トリトンをくぐり巨船は出て行く。

いつものように赤ワインと生ビール。
これもいつもの我が家どうり1時半の楽しいひと時。

どこかのおじさんが皿にステーキを山盛りで持って来て食べてる。
このステーキは太平洋フェリーの名物とのことだが“魚派”には興味無し。

そこそこ腹もくちくなり部屋で風呂に入り
これも楽しみの一つ揺れるベッドに。
セミダブルベッドに手足を伸ばし船の揺れに体を預けると
何とまぁこの心地良さは何にも例えようがなく深い眠りに落ちる。

朝になって今度はこの揺れで目覚めた。
朝食もビュッフェスタイルだが部屋は船首の先端。
レストランは船尾だから100mは歩くことになる。
結構な揺れだから酒も飲んでないのにあっちへフラフラ、こっちへトットット
歩いてる人全部がこんな具合。

朝食を終え部屋に戻って大波に向かう船首からの眺めはダイナミックそのもの。
その内かーちゃん船酔いで横になっちゃった。
今までこんなことないのに荒れが酷いから仕方ない。

台風の影響で配船計画が狂ったとかで
仙台で「きそ」を下船し「いしかり」に乗り換えとのこと。

その間5時間の時間潰しをしないと。


001_02.jpg

001_01.jpg
朝の銚子沖は結構な時化でビルディングのような巨船でもこんな有様。
時々船首のハルを叩くドシーンという音が不気味。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

車で行く秋の北海道(2)〜 リニア鉄道館

名古屋のフェリーターミナル近くに
こんな施設があるのを知らなかったので寄ってみた。

リニアカーの実物と歴代新幹線車輌が展示され子供が大喜びしそうなところ。
いや大人も結構楽しんでるみたい。

模擬の運転席から実際に走行してる様子が大画面モニターで見られ迫力がある。


001.jpg
リニアモーターカーだって。
狭い日本そんなに急いでどこへ行くのと対極的存在。


002_01.jpg

002_02.jpg
リニアカーの内部。


003.jpg
新幹線車輌揃い踏み。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:38 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

車で行く秋の北海道(1)〜 岐阜県郡上八幡編

郡上八幡で知られる岐阜県郡上市は人口4万3千人ほどの静かな佇まい。
郡上紬で知られる一方
食品サンプルメーカーの町でもある城下町で郡上おどりでも知られる。
その郡上紬だが昔から農家の人達が自ら織って着衣に用いてた。

しかし時代の流れで衰退の道を辿るが
当地出身の「宗広力三」さんが貴重な文化を生かし続けたいと
この道で研鑽を積み高度の芸術性を持った織物を完成させ
時を同じくわたしの住む足柄山麓に研究室兼居宅を設け
その2年後に紬織では初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)になられた。

そして1989年75才で死去されるまで当地を愛し
近所の人達から親しまれ人と逢えば腰を深く折って誰にでも気軽に挨拶され
人間国宝にまで昇りつめる人はあらゆる点で完成された方だった。

一流芸術家であっても中にはどことなくえらぶる人もいる。
確かにそれだけの実力は備わってはいるのだが
その点宗広さんは全くそんな素振りはなかった。

郡上市は何度も国道で通過してるが
車を降りて町中を歩いたことはなく今回が初めて。
歴史ある昔からの街並は以前から一度は歩いてみたいと思ってから念願叶った。
予め観光協会から資料を取り寄せておいたから手に取るようにわかる。

今回はこの後名古屋のリニア鉄道館に行き
名古屋港から19時30分発の苫小牧行きフェリー「いしかり」に乗る。

郡上市へは走りやすい中央自動車道を使った。


001.jpg
郡上市は食品サンプルのメーカーが数社あり1軒を見学した。


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg

002_04.jpg
食品サンプルのいろいろ。
どう見てもすぐに食べられそう。


003.jpg
こんなのもある。


004_01.jpg

004_02.jpg
古い街並。
どこの町へ行ってもこんな街並を探して歩くのが好き。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:19 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

夕暮れ時の足柄平野

10月に入ると太陽が日毎に低く傾き
夕暮れ時の足柄平野は残光と陰の部分が明確になる。

箱根外輪山の明神岳に日が沈む夕暮れ時、
自然が奏でる正に“光景”は見応えがある。

まだ光の当たってる所も紙の端から水が染み入るが如く
見る見るうちに陰っていき僅かに目を離すと平野は完全に陰の中。
家々の屋根も灰色一色に染まり夕食作りに追われる時。

箱根外輪山と曽我梅園のある曽我丘陵に挟まれた極狭の足柄平野は
酒匂川水脈で潤った豊かな土地で豊潤な相模湾に山と川。
特に水が良質で空気も程々。

そんな平野に毎日自然が奏でる光景を楽しめる贅沢がある。


001.jpg
狭い平野だからこそ見られる光景は刻一刻と変化し灰色に染まる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:58 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

山椒(さんしょ)の実

春には新緑だった山椒の実。
若芽も十分春の味覚を楽しめた。

今は葉も茶色になり冬支度だがその実が赤くなり弾けてる。
口に入れるとかなり辛い。
これを磨り潰すとうなぎの蒲焼きなどに振り掛ける粉ができる。

山椒の木は生命力が強くどこからともなく種がこぼれ
庭隅の4本が毎春の香を楽しませてくれる。
裏山にも生えてるが鬼山椒が多くこれは食べられないし香もよくない。


001.jpg
これを磨り潰して粉にし、うなぎの蒲焼きなどに掛ける。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:36 | 神奈川 ☔ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする