2014年09月27日

ドンコとスミヤキの干物

いつも通り独自の漬け汁を作りドンコは3枚おろしで
スミヤキは大きすぎるから片身を3つに切って浸した。

ドンコの身は軟らかく浸透が早いので15分。
スミヤキは脂が半端じゃないから40分。
時間になったらさっと流水で塩気を落とし
サラシで水分を拭き取ってザルに並べ冷蔵庫へ入れ一昼夜。
見るからに旨そうな干物が出来上がり。

もうひと手間かけるならこのまま日光に1時間ほど当てると旨味は増す。
こいつをさっと炙って冷酒の友に。
さっぱりした旨味を持つドンコを先に食べ
濃厚な旨味のスミヤキを後に食すと両方とも旨さが引き立つ。
煮魚も旨いが干物も表現できないほどの旨さ。

ところで小骨の多いスミヤキはどう料理しても面倒がられるが
早い話がアジの開きより食べやすいのは意外でしょ。
もっとも下ごしらえの時おおよその骨は取ってはあるが。
ドンコも旨いがスミヤキは旨いの三乗。

こんなところでしょうか表現としては。
釣れたら是非作ってみてください。


001.jpg
冷蔵庫で一昼夜。
こんな状態に仕上がったスミヤキ。
このまま更に1時間ほど日光に当てると旨味が増す。


002.jpg
ドンコの干物を焼いた。


003.jpg
スミヤキも焼いた。
皿は両方共流氷焼 植村宏光さん作陶。


004.jpg
一切れ焼いたスミヤキに入ってた小骨。
たったこれしかないから食べ難いなんてことはない。
アジの開きの方がよほど小骨に手こずる。

スミヤキ狙いでドンコはゲストなんて釣りはどうでしょうかね。
案外人気が出たりして。
アカムツ釣れないから八つ当たりで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする