2014年09月15日

超スピードは体に馴染むのか

この前ロッキングリクライナーを購入する為
久し振りにJR小田原駅から東海道線に乗って横浜まで行ったが
その前電車に乗ったのは関西で法要があって利用した新幹線以来のことで
それも普通のJRに乗ったのは何年ぶりかのこと。

久しく車窓から目にやさしい景色を眺めることができて楽しい思いをした。
新幹線の小さな車窓から
人間の目には少しもやさしくない速さで飛び去る景色と違い
ゆったりした景色の流れは昔ここにあった工場がなくなってるなぁとか
あの田んぼは稲が植わってないなぁ、
鉄橋を渡れば、おっ、あのマリーナ随分広くなって大型船もあるけど
川底大丈夫なのかなぁ、なんてこと考えるほど
時間がゆっくり流れることの楽しさ。

新幹線で同じ時間走れば当然距離は長く伸びるが何故か疲れる。
人間の体はあまりの速さの移動に対応しきれず疲れるのかなぁなんて
東海道線の車内でそんなこと考えました。

リニアカーなんて一体どんな按配なんだろか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

2杯分入るコーヒーカップ流氷焼

ホテルでの食事後おいしいコーヒーに巡り合うと
もう1杯飲みたくなるが家での食事でも

おっ!今日のコーヒー旨いな

なんてことになると初めから2杯分飲みたくもなる。

コーヒーが2杯分入るカップなんて見たことなかったが
植村宏光さん作品の中にこれがあっていくつか求めてきた。

旨いコーヒーが2杯分入ったカップを目の前にすると何だか心豊かな気分になり
これだけあれば満足いくなとの安心感も生まれる。

しかし今までこんなコーヒーカップ見たことなかったな。
植村さんのギャラリーで初めて見たとき。おっ、おーと思ったし
珍しさについつい欲しくなった。
そのうち喫茶店でもコーヒー大盛ぃーなんてことにもなるんじゃないかしら。

使っててとてもいいですよ。


001.jpg
2杯分より少し多目に入れた。
これだけ量があると何故か安心する不思議感。
植村宏光さんのカップに野田行耕さんの漆器コースター。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【陶】−焼き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

新東名が事故で通行止めになると

釣行時は午前2時半頃、大井松田インターから東名に乗り清水インターまで走る。

新東名が開通してからほとんど貸切状態で快適この上なく
時々居眠り運転のトラックを追い抜き
スリルを味わうがとにかく楽チンに走れる。

ところが新東名の新清水インターから
御殿場ジャンクションまでの上り線が事故で通行止めになったりした時は
それでなくとも多い上りのトラックが東名に集中する。

そうなるとトラックはチェーン状態での走行となり
車間はおそらく20〜30mしかない状態になり対向するライトが帯状になる。
こうなると恐いのが事故で反対側
つまりこちら側に飛び込んでくる可能性があり追い越し車線はヒヤヒヤものだ。

しかしあのトラックの数は物凄いですね。
トラック同志の事故が度々起こるのは正に事の成り行きだ。
正常時は東名と新東名に分散されてるのが
東名1本に集中するのだから異常な数になる。

こちらは飛び込まれるのは恐いが空いた道を走るのだから快適だが
上り線のトラックドライバーは体力的にも精神的にも重労働そのものだ。

そのトラックドライバーの無事故を祈りながら空いた道を走るのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

見よこの太股の筋肉

テニスのダブルスの新聞紙上の写真ですが凄いですねぇ。
ここまで鍛え上げられてるんですね、女性でも。
ボディビルならともかく。

広いコートでボールが行く方を追うには並外れた瞬発力が足に求められるから
こうなるんでしょうが、それにしても凄い。


001.jpg
ローストチキンだって逃げ出す。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:38 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

サバの一夜干しは・・・ホッペが落ちる

おおよそ干物の多くは見栄え良くすることと大きさを見せることも兼ね
頭を取らず開きで作りますが焼く時に大変でしょ。
それに中骨や腹骨だって無い方が食べやすい。

だから迫力や見栄えを犠牲にして3枚におろし
血合い骨だけは面倒だから取らず他は全部取り去って作ることにしてる。

以前の記事と重複する部分もありますが
サバは釣り上げた直後血抜き活き締め、頭と腹わたの除去、
当然持ち帰り時の重量の軽減にもつながり家での生ゴミ対策にもなる。

生きてる間、内蔵に付いてるアニサキスも
魚が死ぬと身の中に入り込むといわれるからこれにも理に叶ってる。

身割防止に海水と氷を入れたクーラーに入れてくるが相当な重量にもなるから
できるだけ軽くするためにも合理的。
ただしこれらを施せば船上が戦場にはなるが。

さて頭と腹わたのないサバを錆落とし用のワイヤーブラシを使って
細かい鱗を落とし腹内と共に洗って水分をサラシで拭き取る。
ここまでが結構な時間を使い楽しくない作業。

次に相出刃包丁で3枚におろしかまを切り取り腹骨をすいて出来上がり。
こんなことしょっちゅうやってれば誰だって魚屋の腕前にもなる。

しかし1匹として身割れが起きてない身は
包丁入れてても気持ちが良いしこちらの作業は楽しい。

大量に出来上がったきれいな身はもちろん締めサバにもなる。
(締めサバ作りは腹骨をすく前に薄皮を先に取るが)
そして全部まとめて“企業秘密??”の漬け汁に浸し時間がきたら出来上がり。

さっと水洗いしサラシで水分を取りざるに乗せ冷蔵庫に入れて
一昼夜からもう少しの時間で見事な一夜干しが誕生する。
1枚ずつラップにくるんでマイナス30度の冷凍庫内へ。
これで1年間保存できる。

ざっとこんな具合です。


001_01.jpg

001_02.jpg
3枚におろし腹骨も取った。身割れがしてないきれいな身。


002.jpg
漬け汁に浸す。時間は塩加減の好みで。
これで30匹60枚を一度に浸けてる。


003.jpg
出来上がった。1枚ずつラップにくるんで冷凍庫へ。


004.jpg
良い具合に焼き上がってホッペが落ちる肴に。
もしホッペが落ちたら拾って付け直すのね。
こんなのが1年中食べられる幸せ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:12 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする