2014年09月30日

がんの概念

がんについて多くの著書が発表されてる近藤 誠医師の新しい本が出版された。

今までの本は医師をも読者と想定した内容もあったことから
専門的な内容も含まれていたが今回の本は一般人に重点を置いたもので
とても分かりやすく解説されてる。
一貫した持論と考え方は変わらずとても理解しやすい。

がんには本物と、似てはいるが本物ではない“もどき”があると。
そこから生まれたのが“がんももどき”なる造語。

そしてここが重要なのだが本物のがんは発見された時多くが
血液の流れに乗って他に転移してることが多く
発見した患部だけを手術しても意味がないということ。

一方のもどきは手術自体がナンセンス。
10年も前に胃がんということで手術したが未だにぴんぴんしてる、
なんていうのは端から手術の必要がなかった。

この両者を合わせて考えると
何れのがんも手術をしない方が得策ということになる。
従って早期発見治療を目的とするところのがん検診は
受けること自体矛盾を説いている。

1990年に「乳がん治療あなたの選択〜乳房温存療法のすべて」を
三省堂から著した頃はほとんどの医師から批判を受けたが
年月が経った今では多くの医師から支持される基本的考え方のようだ。

それでも相変わらず多くのがん手術が行われてる裏側には
様々な複雑な利害関係の絡みがあって患者の多くが被害者だと言い切ってる。

慶応大学医学部を1973年主席で卒業し、長いものに巻かれていれば
当然に名誉教授になってる人であろうが反骨精神を貫き通したことで
一講師で定年を迎えた経歴は何を物語っているのか。

政治絡みの医療、製薬会社に巻き込まれる患者の姿など
本来は触れてはならないことをこれでもかという程さらけ出すことは
余程の信念と度胸が座ってなければできないことだろう。
日本の風習は「出る杭は打たれる」如しなのだから。

この様な医師がもっと多く出てくれば日本の医療界も変わっていくに違いない。


001.jpg
最新の著書で一般の人々に理解されやすい内容です。
がんや病気に対する概念が変わること受け合いです。
是非一読されたらとお勧めします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:24 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

荒れた海 〜 9月27日釣行

北寄りで9mも吹いてる早朝のマリーナは意気消沈で出港できず
風が落ちるのを1時間ほど待って湾内のルアータチはどうかと出てみた。

もっとも外は台風17号の影響で出られる状況ではない。
僚船も僅かに出たがタチ狙い。
そして予想通り芳しからざるごとしいつも通り。

痺れを切らし西倉沢沖なら風裏になるからと中深を試しに。
海面は良い状態だが2人共ドンコのみ。

波高覚悟で興津沖に戻ってみたが予想通り物凄い波とうねりで波頭は3m以上。
でもやっぱり音沙汰無しで退散の憂き目に。

この荒れた海でスパンカーをたたむのは1人ではかなり危険で
1人が風上にバウを向けるようスローで操船し
1人が帆をたたむ共同作業が必要だ。
でないとスパンカーを降ろした途端に船は横向きになり
当然横波を受け危険極まりない。
いつものことだが呼吸はAさんとぴったりだから難無くこなせるが。

しかし釣り物がないぞ。
よわったぞ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

魚の一番旨い部位

肉食猛獣が獲物を捕らえた時、まず内臓から先に食べるのはよく知られたこと。
他でもないここが一番旨いからなんですね。
わたし達が釣ってくる魚にも共通部分があるようだ。
サンマの腹わたで頷ける。

そうそうサンマと言えば頭寄りの内蔵に鱗が入ってたりして
これを口に入れてしまうと興醒めですね。

船の片側で強力なライトを照らしサンマが集まった時に
反対側に棒受け網を入れておき
こちらにライトを切り替えサンマが網に乗った時すくい上げる漁法だが
この時魚がこすれあって取れた鱗を摂取してしまうから。

話が逸れた。

先日釣ってきたドンコとスミヤキの腹わたを甘辛く煮て肴にする。
これを食べると猛獣の気持ちがよくわかる。
ドンコはキモと胃袋、スミヤキはキモと幽門垂が主な部分。
しかし旨いからといって毎日沢山食べ過ぎると尿酸値アップで痛風が怖い。
程々にしておかないと。

でもこのところ毎日食べてるなぁ。


001.jpg
ドンコの胃袋。
切り開いて中をよく洗う。


002.jpg
こんな具合になります。
いかにもって具合でしょ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

ドンコとスミヤキの干物

いつも通り独自の漬け汁を作りドンコは3枚おろしで
スミヤキは大きすぎるから片身を3つに切って浸した。

ドンコの身は軟らかく浸透が早いので15分。
スミヤキは脂が半端じゃないから40分。
時間になったらさっと流水で塩気を落とし
サラシで水分を拭き取ってザルに並べ冷蔵庫へ入れ一昼夜。
見るからに旨そうな干物が出来上がり。

もうひと手間かけるならこのまま日光に1時間ほど当てると旨味は増す。
こいつをさっと炙って冷酒の友に。
さっぱりした旨味を持つドンコを先に食べ
濃厚な旨味のスミヤキを後に食すと両方とも旨さが引き立つ。
煮魚も旨いが干物も表現できないほどの旨さ。

ところで小骨の多いスミヤキはどう料理しても面倒がられるが
早い話がアジの開きより食べやすいのは意外でしょ。
もっとも下ごしらえの時おおよその骨は取ってはあるが。
ドンコも旨いがスミヤキは旨いの三乗。

こんなところでしょうか表現としては。
釣れたら是非作ってみてください。


001.jpg
冷蔵庫で一昼夜。
こんな状態に仕上がったスミヤキ。
このまま更に1時間ほど日光に当てると旨味が増す。


002.jpg
ドンコの干物を焼いた。


003.jpg
スミヤキも焼いた。
皿は両方共流氷焼 植村宏光さん作陶。


004.jpg
一切れ焼いたスミヤキに入ってた小骨。
たったこれしかないから食べ難いなんてことはない。
アジの開きの方がよほど小骨に手こずる。

スミヤキ狙いでドンコはゲストなんて釣りはどうでしょうかね。
案外人気が出たりして。
アカムツ釣れないから八つ当たりで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

是非に及ばず

さしずめサラリーマンが会社で不都合を働き
お前はクビだと宣告された時にでも発する言葉でしょうか。

1582年6月に京都本能寺で明智光秀に“殴り込み”をかけられ
万事休すの織田信長が最後に発した言葉として周知されてますが。

本当にこんなこと言ったのでしょうかね。

信長最後の場では仮に側でこの言葉を発したのを聞いてた家来がいたとしても
当然その家来も死んでいただろうし
誰がどう聞いて今に伝わったのか甚だ不可解だ。

これは信長公記の右筆(武家時代の職名で文書や記録の担当者)で
太田牛一(おおたぎゅういち)が残したとされるが
出所は不明でおそらく想像の域を出てないとの見方もある。

しかし便利な言葉ですね。
「是非に及ばず」
現代社会でも様々なシーンで使えそうですね。

もっとも信長さんは普段からこの言葉を多く使ってたようなことが
歴史書などに書いてはあるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:05 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする