2014年08月11日

陸に上がった河童

のろのろ台風11号のおかげで何日も船を出せない。
もう一週間以上も陸に上がりっぱなし。
自然相手だからどうにもならず悶々としてるしかない。

台風が過ぎ去った後も濁り潮とごみや流木に悩まされ釣りにならず
日が経って収まるのを待つしかない。
台風は誠に厄介だ。

5mも6mもの荒れた海の中で魚はどうしてるのだろう。
深場に避難でもしてるのだろう。

今までの経験から台風直後で良い思いをしたことは一度もなく
しばらくして海が落ち着いてからでないと釣果は望めない。
今週の水曜〜木曜あたりがどうだろか。
しばらく包丁も持ってないからスーパーの魚ばかりで我慢してるけど。

13号はどうやら東の海上で熱帯低気圧に変わるようだからこれは心配なさそう。
こんな時は包丁を研いだり仕掛けを作りをしてるけど早く船を出したいなぁ。
陸に上がった河童然りだもの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:50 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

洋ランの女王カトレア(コスタリカ共和国の国花)

春夏秋冬にそれぞれ咲く種があり春咲き系とか夏咲き系など呼ばれ
これは夏咲き系ですね。

洋ランの女王と言われるだけあって
花の大きさ、色彩、形、そして葉と何れも申し分ない。
育生は少し難しさがあるようだ。
何年か前に自分の所では自信がないからといただいたのだが毎年花を付ける。

この夏咲き系は真冬に蕾を付け徐々に膨らんでくる。
冬季は屋内に入れて寒さから守る必要がある。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:23 | 神奈川 ☔ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

車で行く夏の北海道(7)

紋別港内を散歩しチカ釣りを見て朝食を済ませ
滝の上町は流氷焼の植村宏光さんのギャラリー兼仕事場を訪ね
久しく楽しいひと時。

わたしと一つ違いの植村さんは
前にも触れましたが東京の名の知れた大学の法学部を出て
陶芸に携わっているなんて誠に妙。
別れを惜しみ再会を約しこの日の宿泊地小樽へと向かう。

いつもの新南樽市場へ行き、ここも常宿の朝里クラッセホテルへ。
ここも食事が旨く気に入ってる。
旨い物を腹に納めぐっすり寝てこれまた旨いバイキング朝食を済ませ
10時30分発の新日本海フェリー「ゆうかり」の待つ小樽港へ。
やはり巨大な船体に圧倒される。

この船もスイートルームが4室あるが前面窓はなく楽しさに大いに欠ける。
フォワードサロンは前面窓が並んでるが部屋から見るのとは趣が異なる。
ここを全部客室にしたらいいなといつも思う。

食事もスイート室の客は特別料理で部屋も違い無料だが
洋食主体だから一般レストランに変えてもらった。

ゆうかりを少し詳しい写真でご覧ください。


001.jpg
巨大な船体は近くでは全容が収まりきれない。


002_01.jpg

002_02.jpg
主要目は「きそ」とおおよそ同じ。


003_01.jpg

003_02.jpg
スイートルームは001〜004番まで。


004_01.jpg

004_02.jpg

004_03.jpg

004_04.jpg

004_05.jpg

004_06.jpg
内部


005.jpg
プロムナード


006_01.jpg

006_02.jpg

006_03.jpg
夏休み近くだった為か船内はお祭りムードの演出。
午前10時30分小樽を出て翌日早朝6時に新潟着。
今回の7泊8日の全日程の旅終了。


007_01.jpg

007_02.jpg
白灯台を出て小樽市街遠望。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:02 | 神奈川 🌁 | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

車で行く夏の北海道(6)

浜中町、霧多布で大自然を堪能し、この日の宿泊地 紋別へ向かう。

網走刑務所前を通るのだがこの街は根室市より遥かに大きく
根室の人口2万8千人に対し1万人多く交通量も差がある。
刑務所の街ではあるが明るい感じだ。

広大なサロマ湖に添った国道238号は単調でそのまま紋別市に入る。

常宿の紋別セントラルホテルに入りレストランで夕食なのだが
少しだけ味が落ちたような気がしないでもない。
古くからの板長が定年にでもなって退職したのかしら。
何十年と変わらない味を誇ってきたのだが・・・。
まぁそれはそれで仕方がない。

どこの街で宿泊しても早朝にかーちゃんとの散策が楽しみの一つでもある。

早朝の紋別港は平日にもかかわらず岸壁から釣りをする人達が多い。
近くに行ってみるとポリバケツの中に沢山の小魚が入ってる。

その中の一人と話をしたら多分そうだろと思ってた「チカ」という小魚で
東北から北で釣りの対象になり天ぷら
フライにすると旨い魚で20cmほどのものは刺身でも良い。

話を聞かせてくれた男性は定年後、毎朝ここにきて楽しんでるそうな。
それにしても食べきれないと思ったら
近所に楽しみにしてる人達がいて配るのだという。
ところが港内にアザラシが入ってくると途端に釣れなくなるらしい。

サビキ針に沢山付いてきて魚を外してるうちに下に落ちたのを
海鳥やトビがかすめて行くのを見てると油断ならない。


001.jpg
港から見たセントラルホテル


002.jpg
静かな港内


003.jpg
沢山釣れたチカ


004_01.jpg

004_02.jpg
何人もの釣り人


005.jpg
高い所で落とした魚を狙ってる海鳥


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:39 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

車で行く夏の北海道(5)

釧路から今回の旅の目的地、きりたっぷ岬へと向かう。

天気も良いしドライブ日和。
途中の浜中町はかつてムツゴロウの動物王国があった所でとても良い街だ。
海も空気も人情までもが澄んで。

目的地のきりたっぷ岬にやってきた。
すぐ近くには霧多布湿原の広大な景観が見られサロベツ原野を彷彿とさせる。
いずれにしてもパック旅行ではあまり訪れない地ではあるまいか。

しかし道東の釧路から根室にかけては特別何もないが
それがとびっきりの良さで自然の中に身を置くことの喜びが大きい。

今回霧多布から網走市に出て宿泊地の紋別市に向かったのだが
根室市まで行くと少々雰囲気の違いが感じられる。
寂しくて何となく侘びしい根室市はサンマで名は売れてるが今回はパスした。


001_01.jpg

001_02.jpg

001_03.jpg
霧多布湿原もサロベツ原野同様広大だ。


002.jpg
立派な湿原センター。


003.jpg
今回の旅の目的地きりたっぷ岬。


004_01.jpg

004_02.jpg
周辺の絶景。


005.jpg
崖下の海面は昆布らしきが揺れていた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:42 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする