2014年08月16日

旅行には目的地の観光協会を活用すると便利

近頃の旅行と言えばパック旅行が主役のようだが
なるほどこれなら廉価な費用で自分で計画を練る必要もないし
宿泊予約も不要で誠に合理的。

現地でも団体で旗を持った人の後を着いていけば道に迷うことなく
目的の場所に到達するから自らのエネルギーを使う事も一切ない。
人気が出るわけだ。

これも一種の立派な旅行だがもっと気ままに自由に行動し
時間を他から押しつけられないフリーダムの旅は刺激も大きく
これぞ本物の旅だと帰ってから回想できる。

列車、飛行機、バスなどの時間調べから目的地での時間割り
ホテルの予約全て自分で予め段取りしなければならないが
実は旅の楽しみは既にこの時から始まっているのであって
当人としては旅の楽しみの一部なのである。

そのかわり費用はパックのように廉価では済まないが
旅慣れてくると魅力の違いを感じるようになる。

わたしのように車旅しかしない者に取っては
交通手段の時間調べさえしなくて済むから
思い立ったらホテルの予約だけで出掛けることもできる。
北海道はフェリーを使うから少々。
予約手続きに難儀な点はあるが慣れてしまえばどうってこともない。

さて目的地のことだが複数あっても
当地の各観光協会に連絡を取ってその場所が把握できる観光案内書なるものを
送ってもらえばこれは便利極まりない。
どこの地方自治体でも観光課はあるし観光案内所や観光協会も必ずある。
もちろん無料で送ってくれる。

10月に北海道にと思ってるが名古屋からのフェリーに乗るから
その近くを訪ねてみようと郡上八幡の古い街並みを見るつもりで
当地の案内パンフを送ってもらった。
この町は何回も素通りはしているが町の中を訪ねたことはなく興味がわく。


001.jpg
観光協会へFAXでパンフレットを依頼し
送られてきた懇切丁寧なたくさんのパンフ。
これだけあれば町の中は掌握したも同然でカーナビ活用で難無く動き回れる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

露地植え柱サボテン「鬼面角」の開花

玄関横に2m以上の柱サボテンが露地植えで育って
ほぼ毎年7〜8月に見事な花を咲かせ目を楽しませてくれる。

一般的に開花は夜になるのがサボテンの特長でこの種も例外ではない。
明け方から早朝が見頃でそれを過ぎると
わたしの役目はこれで終わりと萎んでしまう。
いつまでもそのままにしておくと次にスタンバイしてる蕾にも影響し
本体も疲弊するから取り去ってしまう。

ご存知の様に水分を蓄えているのがサボテンの特長で
地面の乾燥した砂漠でも枯れないのはこのためで
水遣りをほとんどしなくても元気に育成する。
そして種を問わず“ネアカ”の花が特長で
注意してなくても花の方に目が行ってしまう。

また生命力がたくましく欠けたものを土に挿しておけば
直ぐ活着するから増やすのも容易だ。


001.jpg
6〜7月に小さな蕾がポツポツ付き始める。


002_01.jpg

002_02.jpg
少しずつ大きく膨らんできた。


003.jpg
夜中に見事に開花し早朝の姿。


004.jpg
その日の夕方には萎んでしまう。
そして次の蕾が開花し何日かこれを繰り返す。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:48 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

15年間駿河湾の記録 〜 8月13日釣行

アジ、サバ、アカムツ、どれもいないというか釣れないなぁ。
台風後なのに澄潮で流木もない。

台風で海が掻き回されどんなになっているのか見当付かず
取り敢えずアジポイントに入ってみたがアの字もない。
サバがポツポツ釣れる程度。

次はアカムツの様子はどうだろかと。
しかしここもアの字もなくオオメハタとユメカサゴばかり。

サバとアジがいないのは毎日の船団によるシラス網であろうことは想像つくが
アカムツがここしばらくいないのはどうしてだろ。
昼間の底引き網は見ないし。

沖釣り始めて15年になり釣行1,300回を数えるが
その間釣行日誌なる記録を記している。
これは自分の記録であると共に駿河湾自体の記録でもある。

一つ分かりやすい例をとると富士川沖のシロギス。
10年、15年前の記録を読み返し今と比べてみると
これが同じ海かと唖然とさせられる。
相模湾は当時とほぼ同じ状態を保っているのに。
明らかに人為的原因だろう。

ここ2〜3年の今頃の時期は釣果乏しい日が続いているのが記されているから
ここしばらくはあまり意気込まず
釣果が出たらめっけ物ぐらいで出掛けるより仕方ないか。

それにしても駿河湾の疲弊は心配だ。

海の楽しさ、魚釣りの魅力を
次の、次の、そしてまた次の年代に引き継がせる為にも
今の人達は考えるべきではなかろうか。


001.jpg

002.jpg
最近の釣行日誌。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:39 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ユメカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

ぼけないために

時に書いてますがわたしぐらいの年代になるとぼけ問題が身近に迫り
何とかこいつから遠ざかろうと願うのだが
どうも自分の意志ではどうにもなりそうにないというのが厄介だ。

ブログを書くことも船を動かすことも魚釣りを深く考えることも
GPSや魚探に触れることも、これ全て防止まではいかなくても
ぼけに“思いとどまらせる”ぐらいにはなるのではと
勝手なことを考えてはいるのだが。

釣り仕掛けの自作は指先を使うからこれもいいことかも。
じじばば揃って今の所その気配はないからこれほどのことはない今日この頃。

何とかこのままで過ごせたらと願わずにいられなく
せっせと沖釣りに通うことになる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:19 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

沖釣りでどうしてもわからないこと

釣果良好なら豊饒な海と感じるし
不漁なら一体この海魚いるんだろかなんてことになる。

以前アカムツ10連勝した時など海底はアカムツ銀座通りのように思えたが
その後がいけなかった。
ほんとにパッとせずとにかく当たりが出なく手の打ちようがない日が続いた。
釣れ続いてた時と仕掛けも餌も一寸違わないのに。

Aさんは潮が悪いのかなぁ、なんて言ってけど。
それが後にはAさんだけに釣れ出して船頭には当たりもこない日が何日も続いた。

遊漁船なら船の流し方で釣り座の良し悪しが言われるが
ものの5mほどの2人の間にこれ程の違いが出る不思議。
神懸かり的な当たりの出なさの原因は2人して???

Aさんは落とし込んで少し誘えばギューンとくるが
手を変え品を変えても当たりのあの字も出ない。
Aさんと長年やってるがおおよそ同じ様な釣果であの様な現象は全く理解不可能。

沖釣りにはわからないことがある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする