2014年08月31日

けったいな日本語

以前にも少し触れましたが再び。
いや特別取り立ててのことではないのだが
けったいな言い方があるものだと思って。

言葉はその国の文化が進歩する段階で発展を遂げてきた。
美しい言い回し、謙虚な言葉、或いはあいまいな表現など
日本語のもっとも特長とするところだ。

60年も昔は個人所有の自動車を「自家用車」と称し
ドアの横などに白色で四角に囲った中に
「自家用」と誇らしく書いてあったものだ。
うん自家用車か、凄いなぁと一般庶民からは羨望の眼差しで注目されたし
違和感も覚えなかった。

時は流れ自動車と言われた時から今は「クルマ」だ。
ところがその車に「お」を付け始めた。

  「おくるま」

なんてことに。

それではまだ物足りないのか「ご愛車」だなんてまで言われてる。
何だろかこの言い方。

わたしなんざ自分の車にこう言われたらそこら中こそばくなってくる。
移動手段の機械の塊に何で「お車」や「ご愛車」だなんて言うのだろう。
相手の持ちものに敬意を払ってのこととは思うが少々オーバーな。
車で十分ではないか。

ホテルへ行ってドアボーイが

  「車はどうぞこちらへ」

と言われても少しも違和感もないしましてや失礼なとはとても思わない。

わたし達が使ってる船を「お船」とは子供にする昔話ぐらいにしか使わないし
まして「ご愛船」だなんて聞いたこともない。
稀少性は車より遥かに大なのに。
しかしこれで普通なんですね。

いやいや冒頭に書きましたように
目くじら立てて論ずるほどのことではないのだが
日本語のけったいな使い方がちょっとばかり気になって
ついつい斜めから見てしまう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

血圧基準値の怪

何故製薬会社は医療機関と医師に金を払うのかという
少々言い訳めいた意見広告が目に止まりました。

額面通りならそんなこともあるんかいなぁとも思われるが
中々そうはいかないのが医療機関の複雑な利権絡みで
もっと主目的が他にあるのではと勘案したくもなる。
多くの医師がこの社会の実情を記した著書を出しており
それらを読むとその姿が浮かび上がってくる。

その中の一つでわたし達が少なからず気にかける
血圧基準値について記してみます。

日本血圧学会(特定非営利活動法人)が2000年以前に高血圧症としてたのは
上160以上、下95以上が基準値だった。
ところが2000年を境にして上が130以上、下85以上に引き下げた。
これは何を意味するのか。

医療機関組織と血圧学会に何があったのかは知る由もないが
今まで160以上の人達が用いてた高血圧症の薬を
130以上の人達にも用いるようになったわけだから
当然製薬会社は潤い売上げアップにつながる。

多くの医師は著書の中で130の基準値を何故国を挙げて高血圧とするのかと
疑問を呈し、ましてや薬を用いることの不可解を突いている。

これらには医療機関関係をつかさどる金銭の絡んだ複雑な裏側の姿があり
特に製薬会社と医療機関の結び付きは昔からの習わしのようなことらしい。

医療に係わる難しい著書はわたし達には理解できないが
易しく解説されたものが多くの出版される今日
これらは少しばかり見る目を広げ知識の肥やしにもなるから
海に出られない日も有効に過ごせる。


001.jpg
製薬会社から医療機関や医師に金が流れるのは何故かの意見広告。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

車販売のチラシ

ご存知のように車のエンジンには気筒数の違いがあるが
一般的には小型車のいわゆるファミリーカーなどに
搭載されてるのは4気筒が多いようです。

大型車になると6気筒。
それもスペースを取らないV型エンジンになるし
更に高級車になると8気筒や12気筒エンジンが主役を占めるようになり
メルセデスやロールスロイスなどに使われている。

このクラスになると我々一般人にはとても手が出せない車両価格になり
持ったとしてもランニングコストが手に負えないのが実情だ。

ところで輸入車で度々チラシ広告の入ってるものに
400〜500万円クラスが多いがこのクラスになれば
当然6気筒エンジン搭載車だろうと思うのだが
どっこい4気筒が結構あり逆に考えると
4気筒エンジンでこんなに高いの?と疑問に思う。

国産車だったら200万円を少し超えたクラスにいくらでもあるではないか。
4気筒エンジン車にとてもそんな対価を払おうという気にはならないが・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:33 | 神奈川 ☔ | 【伝】−広告・チラシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

サバ釣りの仕掛け

サバは虐げられてたのか。
少し前まではサバに邪魔されたとかお手上げだとか
いつも邪険にされ嫌われ者だったサバが近頃何だか見直されてるみたい。

わたしのように昔からサバが釣れたら大喜びしてたが
そんな人達が増えてることは確かだ。

スーパーの価格表示なんか影響してるのかしら。
高っかいからね。
いやいや旨さに認識新たにしたのかもしれませんね。

そんなことだから改めてサバ釣りの仕掛けはどんなのかと
本やパソコン開いてみてもさっぱり要領得ない。
つまり基本形が出てこない。

おおよそアジ、サバ仕掛けだなんて一つにくくってしまってる。
釣れる場所は同じような所だからこれで良しとしてるのかもしれないが
こんな矛盾あるものか。
針や針スの号数が全く異なるのに。

アジがサバ混じりで釣れるポイントならアジ優先でアジ仕掛けだろうが
サバがほとんどの場合専用仕掛けを用いた方が合理的。
つまり針も針スも号数の大きいものを使うべきだろう。

アジの針ス2号で暴れ回るキロ級のサバを釣り上げるには
少々のテクニックもいる。
大暴れする大サバは2号針スでは心許ない。
針だってチヌ4号ではすぐバレる。

それでどうしたものかと色々調べてはみるものの
そもそもサバ釣りの仕掛けの解説が見当たらない。
もっぱら自分で考え出すしかやりようがない、

そんなこともあり前にも触れましたが少し加筆します。

金ムツ14号1本針に4号針ス2.5mとしてますが
何故1本針なのかと疑問を持たれると思いますが理由は2つあります。

1つは2本針にすると当然2匹同時に掛かることがあり
この2匹がバラバラに大運動会を演ずると共振で2匹ともバレる確率が高い。

もう1つは大サバはタモ取りするのだが
タモ網にムツ針は絡みやすく外し難くて手返しが極端に悪くなる。
このことから1本針で対処してる訳です。
またこれで何ら不都合はありません。

サバの多い時は是非専用仕掛けを使ってみてください。
大漁になりますよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:43 | 神奈川 ☔ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

秋の気配

空は青みが深くなり秋は確実に近くまで感じられるようになった。
とにかく30度以上の日々はもううんざり。
この青い空を見るにつけ札幌を思い浮かべる。

繁華街の中心すすきの十字路での空だって町中の喧騒が嘘のように
遙か彼方まで青く澄み渡りこれぞ本物の空なんだなと改めて実感する。
そして北の冬は駆け足でやってきて
紅葉に雪が積もるなんてことにあちこちでなる。

そうそう釣りはどんな展開になるのか気になるのもこれからの季節のこと。
アマダイは少しでも釣れてくれるんだろか。
オニカサゴやアカムツは果たして海底にいるだろか。

いろいろ気を揉むのも毎年今の時期。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:54 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする