2014年07月12日

天目のぐい呑み

東京銀座の黒田陶苑で先日個展を終えた三上 亮さんから
素敵なぐい呑みをいただいた。
個展出品作と一緒に焼成した天目の作品。
そうです天目茶碗で有名な。

この焼き物は鉄を多く含んだ釉を使うから黒が基調になって
玉虫色の光がとてもきれいな仕上がりになる。
思うような色調に焼成するのが中々難儀らしい。

これにキンキンに冷やした岩清水を注ぎ口に運べば暑さも忘れる。
肴はもちろん釣り魚で。

この手の焼き物は焼き締めが強いから使っていくうちの変化は遅いが
いずれは少しずつ変化しその良さが現れる。


001_01.jpg

001_02.jpg

001_03.jpg

001_04.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【陶】−焼き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする