2014年07月26日

滋賀県長浜市の魅力ある集落

後日「車で行く夏の北海道」のレポートになりますが
フェリーで2泊したいからいつものように
神奈川から名古屋まで戻っての乗船になる。
それなら周辺にも訪ねたい所があるので前回同様
滋賀県長浜市のレポートとします。

琵琶湖の最北端に突き出た葛籠尾崎(つづらおざき)の
僅かな平地にへばり付くような菅浦集落。
ここも重要文化的景観に指定された歴史ある家並みがあり
昔から北側以外は湖に囲まれた生活を営んできた。

ここでも土地の人と話を交わしたが素朴で奥ゆかしい感じを受けた。
湖も透明度が良く水辺の集落もゆったりとした時間が流れている。

須賀神社の入口にひときわ大木があって
何やら銀杏の実のようなものが一面に落ちているが無臭で何だろう?
家の外に出てた人がいたので聞いてみたら「むくろじ」の実だという。
この中の種を何と羽子板で打つ羽根の黒い玉に使うとのこと。
この年になって初めて知った。
そう言えば羽根の元に黒い塊のようなものが付いてたのを思い出した。

この日は長浜市のホテルに泊まり次の日はトヨタ博物館と産業記念館に行き
夜7時のフェリーに乗船する。


001.jpg
集落の4ヶ所にある四足門(しそくもん)。
集落内と外を分けた境界に建てられここからは集落内であることを示していた。


002.jpg
湖の透明度。


003.jpg
むくろじの大木。


004.jpg
このような実がたくさん落ちている。
実の中に黒い種があり羽根の元に使われる。


005.jpg
これがその種子。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

滋賀県米原市の魅力ある集落

織田信長と徳川家康の連合軍対浅井長政と朝倉義景の連合軍が争った
いわゆる古戦場跡のある姉川流域の上流に小さな4つの集落がある。

東草野地区と呼ばれ下流から
吉槻(よしつき)、甲賀(こうか)、曲谷(まがたに)、
それに一番奥に甲津原(こうづはら)の各集落は
山奥の集落としては豊かな生活が昔から営まれてきたことを示す家々が連なり
重要文化的景観に指定されている。

今流行りのパック旅行では味わえない趣があり時の流れが止まったかのような
何ともいえない旅情をそそるし
車旅だからこそ味わえる醍醐味はほんとに素晴らしい。

その土地の一期一会の人とも話ができそこの集落の成り立ち
独特の食べ物など沢山の魅力ある内容は知識を潤してくれる。

正に本物の旅ではなかろうか。


001_01.jpg

001_02.jpg
吉槻のレトロな建物は小学校と中学校が一緒になっている。


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg
家屋にも豊かさと歴史が感じられる。


003.jpg
一番奥の甲津原の集落。


004_01.jpg

004_02.jpg
江戸時代後期に建てられた「竹中家旧宅」は
奥伊吹ふるさと伝承館として土日のみ無料で公開してる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:10 | 神奈川 | 【旅】−旅行記−滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

締めサバ食べたい 干物や味噌煮も食べたい 〜 7月23日釣行

台風のうねりがとの予報だったがベタ凪。
ダボ仕掛けとコマセ仕掛けを持ってサバ狙いで出港。

ベイトの反応なくコマセでサバを寄せて釣ろうと片テン2本針で
さぁいらっしゃいと。

Aさん共々ぼつぼつ大きいのが釣れ出し、そのうち船上が戦場状態に。
何しろ血の気の多いサバは締める時も血が噴き出しデッキは血だらけで
しかも重労働で休んでる暇がない。

釣り上げて直ぐ頭を落とし腹わた出して海水で洗いクーラーに入れ
次の仕掛けを落としてる間にデッキや周囲に飛び散った血を洗い流してると
またもや竿先がギュンギュン。

初め浅場だからと両軸手巻きでやってたが
とてもじゃないが腕がもたず電動に変えるが大形ばかりでこれでもくたびれる。
その間に操船ときてるからこりゃあかなわん。

Aさんクーラーに入り切れないって言ってる。
二人共同じ様な釣れっぷりで少々早上がり。

マイナス30度で冷凍してあった昨年のが無くなったので
これから溜め込むとしよう。


001.jpg
さて何匹いるのでしょう。600g〜1kgのものまで。


002.jpg
サバの鱗も前に紹介しましたワイヤーブラシがうってつけ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:31 | 神奈川 | 【釣】−釣果−サバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

天種のキスを釣りに行く 負け惜しみ見え見え 〜 7月20日釣行

富士川沖の肘叩きを30匹も釣って旨々のキス刺しで一杯やりたいなと
ベタベタ凪の中、ぶっ飛ばして昨年ほんの少しだけ良い思いをした
5〜15m立ちのポイントに入るが、こんなはずじゃなかったのに状態。
言うなればほんと年々枯れてきてるみたい。

遊漁船も日曜とあって多く出てきてるが
動き回ってるからポイントが定まらないのだろう。
こりゃあ肘叩きどころじゃない。

仕方なくめぼしいポイントに立ち寄りながら清水まで南下するも
どこも申し合わせたように芳しくない。

キス仕掛けと虫餌しか持ってきてないから他に手の打ちようがなく
途中のアカムツポイントに3艇ほど入ってたから様子を見たが
船上の活発さがない。

うろうろしながら清水港に入ったが
結局はキス刺しではなくキス天で一杯やることに。

それにしても隣の相模湾とは違いすぎる。


001.jpg
キス刺しならぬキス天種にさばいた天ぷらはそれはそれで極旨だが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:27 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

本州最北端の蕎麦店でもらったドクダミ草

以前にも紹介してますが時期になりましたので再び。

北海道の車旅で今の様に長距離フェリーを利用する前は東北道を走り
青森か大間からのフェリーで函館へ渡ってた。

その大間にある蕎麦店は正に本州最北端の店。
何回か行ってるうちにそこのおばあちゃんと顔見知りになって
いつだったかに観賞用のドクダミ草が植った小さな鉢をもらってきたのを
帰ってから殖えることを予測し大きなプランターに植え替えたら
年々立派になり色の鮮やかさも増し毎年今頃楽しませてくれる。

もうどのぐらいの年月になるだろうか。
おばあちゃん元気にしてるだろうか。

こんなことも車旅の自由があってこその楽しい出来事で
パック旅行では味わえない。


001.jpg
色鮮やかに何10倍にも増えただろうか。
観賞用ドクダミ草。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする