2014年06月06日

魚の内臓捨ててますか

モツ焼き(ヤキトリ)で一杯なんて空きっ腹に応えられませんね。
言うまでもなく動物(四つ足)の内蔵を美味しく食べてる訳で
一方魚ではサンマの腹わたが旨い。

ところで釣り魚の腹わたはどうされてますか。
鮮度はピカイチだから何ら問題無く捨てちゃうなんて勿体ない。

鰓、鰭、直腸、それに苦玉(胆のう)以外はおおよそ食べられる。
胃袋とキモはもちろん、幽門垂や真子(マコ)もそれぞれ一緒に
みりん、酒、醬油、砂糖で煮付けて美味しく食べられ肴にはうってつけ。

腹わたの処理に多少の手間はかかるけど
折角自分で釣り上げてきた超新鮮な食材はそうは手に入らないのですから
多いに活用したいものです。


001.jpg
胃袋。右側の舌のようなものが鰓と繋がってる。


002.jpg
胃袋を切り開いて水洗い。


003.jpg
おなじみキモと幽門垂。


004.jpg
キモ玉(胆のう)これは食べられない。
つぶさないように取り去る。
緑色がキモ玉。


005.jpg
美味しそうに煮上がった内臓。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:57 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする