2014年06月30日

ダボ仕掛け今回も絶好調 〜 6月28日釣行

お出迎えのマリーナ旗は少しばかり北寄りの風に揺れてはいるが海は凪。

前回ダボ仕掛け炸裂でおいしい思いをしたポイントに入ると
小サバ混じりのカタクチの群が待っててくれた。
前回同様モニターに映し出されるベイトの群は所々青物やマダイらしきが
突っ込んだ穴が見られ海面ではカタクチがピチピチ跳ね条件は良さそう。

しかしヒラメ、マゴチ、ホウボウを釣りたいから
中層のマダイに喰われないよう重りを前回よりさらに重く50号にして
小サバの動き回りによる落下時間ロスをなくすようにしたらこれが大正解で
今回は本命釣りができた。
キロ級マダイが外道だなんて聞いたことないけど。

この釣法はキロ級の獲物が多いから針掛かりしてからのやり取りに醍醐味があり
スリル満点だが数匹も釣り上げると神経の高ぶりや腕の酷使で結構疲れる。
6:4調子竿の半分以上が海面に突き刺さり片手は腕クッション。
もう一方の手ではリールのハンドル操作で重労働だ。
もっとも楽しい重労働だけど。

それに今回は良形のゴマサバも仕掛けの落下速度をものともせず
針掛かりするから釣り上げてからの処理もひと仕事。
これもこれで嬉しいところ。

今回も2人して針ス切れで3匹ずつバラしてるが針スの切れ具合を見ると
ヒラメの歯によるものと思われる。
つまりベイトを一気に飲み込んでしまい針スが歯で擦れた結果と想像つく。
それだけ警戒心なしで喰い付いているんですね。

次回はもう少し太い8号で作ってみよう。
Aさんもこの釣法にすっかりメロメロになって
資源保護のためもう上がろうよなんてことで午前早々での凱旋。

後日8号針ス使用の結果リポートします。

001.jpg
青物かマダイかが突っ込んだベイト群に穴が鮮明に見える。


002.jpg
Aさん3.5kgヒラメ。


003.jpg
同じく1.5kg。


004.jpg
本命の食べ頃サイズのホウボウ。


005.jpg
2.6kgヒラメ。


006.jpg
同じく2.0kg。


007.jpg
同じく1.5kg。


008.jpg
2.0kgのマエソ。
(前回のを薩摩揚げにしてAさん持ってきてくれた。旨いの何の)


009.jpg
ヒラメを薄造りにした。


010.jpg
皮は湯引きして酢締めに。誠に佳肴。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ホウボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

若いつもりで船を動かしたりしていても70代も半ばになると

高齢化で認知症の人は増加の一方。
例外では若年性認知症で40代でも発症するとか。


いずれにしても今始まったことではなく遠い昔からあったことだが
その当時は三代、四代同居と大勢の生活環境だったから
手助けする側も一人に負担がかかることがなく
助け合って介護することができた。


それが今では核家族とかで介護する側一人に負担が強いられる。
そして介護する方もされる方も高年代になってるから大きな社会問題で
これに対し適切な行政できる人がいないから始末が悪い。
鉄砲玉の量産や原発作りばかりしてないでこちらの方をきちっとしないとね。


時々歳が二つ違いのかーちゃんと話す。


 「先にぼけちゃった方が勝ちだなぁ」


なんて。

死の恐怖も感じられないし心配事も頭からすっかり消え去るのだから。
もっとも介護する方は難事この上ない。


この実情が新聞に出てた。
読んでると涙が出てくる。
81歳の夫が83歳の妻の介護をしてる内容だが
想像を絶するしすごい夫婦だなとも思う。


しかし他人事ではない年代に入ってるわたしら夫婦。
今60代の方々だって後10年少々で同じ問題に直面するわけですから。


あっ、脅かしちゃってごめんなさい。



001.jpg
素晴らしい夫婦愛の記事。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:38 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

釣り上げた時魚の口から飛び出すのは?

中深以上から釣り上げた魚の口から
時として風船のようなものが飛び出すことがありますが
これが何であるのか明確に説明された文献やブログ上で見たことはなく
そのほとんどは浮き袋とされている。

これ間違ってないか。

というのはこの内蔵は鰓と直接繋がっている胃袋なんですね。
胃袋とキモを一緒に甘辛く煮て食べるのが好きでいつも手に取ってるのですが
どう見ても浮き袋ではない。

浮き袋は内蔵のもっと深い位置でしかも中骨にしっかり繋がり
指でつまみ取ろうとしても容易にはがれなく色も白や半透明が多い。
今までたくさん口から飛び出してる魚を見てるが白いものなんて皆無だ。
中には浮き袋が胃袋を押し出してるなんて解説したものまである。

釣り上げる途中で水圧減少に腹内の空気が膨張し耐えられず
胃袋の内面を表向きにして飛び出してくるというのが正解であろう。
従って胃の内容物は出てしまい確認できない場合が多い。


001.jpg
口から飛び出してますね。


002.jpg
鰓から繋がってる胃袋です(右の舌のようなもの)


003.jpg
浮き袋は胃袋の後ろにあり飛び出しようがないようですね。
(中央の白いもの)


004.jpg
浮き袋を切り開いてみた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

板前の腕次第

人様に食事を提供する飲食店やホテル内
レストランのいわゆる板前の位置を高く捉えるか否かで
業績に大きく影響することは周知のこと。
ホテルチェーン店では特に難しい問題ではなかろうか。

実例を出して申し訳ないが「ホテルドーミーイン」。
ここは夕食はないが朝食について。
札幌や稚内での朝食の素晴らしさをイメージして松江のホテルを利用したが
特別不味ではないが上記の2店と比べると
かなりの差があって少々がっかりさせられる。

一方「紋別セントラルホテル」や名寄の「ホテル藤花」のレストランの味は
20年、30年と変わらず満足できる。
これ全て板前が変わってないこととその腕前によるところだろうが
大きく言えばホテル経営そのものにまで影響を及ぼすからことは重大だ。
小さな飲食店で不味ければ二度と行かないし。

静岡県御殿場市にある「ふくふく」は板前を大事にしているのだろう。
いつ行っても味の良さに変化はない。
経営者の理念が感じられる。

食べ物商売には難しさがつきものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:07 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

ダボ仕掛け炸裂!〜 6月25日釣行

前回同様、凪の海へベイト探しで出港。
清水灯台を12ノットで南下。
程なく40mほどの立ちでベイトの反応。
密度は低いが広範囲にカタクチと小サバ混じりに見える。
所々にフィッシュイーターが突っ込んだ穴が見られる。
青物かタイか。

ではではと前回も活躍したダボ仕掛けを落とせば
直ぐにプルプルとベイトが針掛かり。
しかし狙い物はヒラメ、マゴチ、ホウボウの底物だから
中層魚の方が喰い付きが早いので先に掛かってしまうなぁと懸念してたら
その通りの展開となる。

海面上に仕掛けを上げずに落とし込むから
何本の針にベイトが付いてるかはわからないが
手に伝わるプルプル感から4本針全部に付いてるだろうと予想はつく。
さぁさぁどうぞ召し上がれと落とし込んだ途端ギュギューンと竿が絞られた。

この当たりというか喰いの良さというか、この釣法独特のもので
これを一度経験すると虜になること間違いなし。
針掛かりまでの駆け引きや難しさは皆無なので。

この引き具合からマダイと想像できる。
しかもでかい。
両軸手巻きリールで腕が疲れる。
この大きさになると腕クッションは限界まで使うことになる。

澄潮の中、貫禄十分な姿がゆっくり浮上。
相手も相当疲れてると見え大人しくAさんのタモ入り。
前回同様4.1kgで金赤の立派なやつ。

これが1発目で以降7発炸裂することになる。
しかし3発目までマダイばかりで本命が来ない。
ここではマダイは外道ですから。
本命は底物なので。

この原因は多分これだろうと察しはついた。
小サバも針掛かりしてるので動き回りが激しく仕掛けの着底に時間ロスがあり
その間に中層のマダイが喰い付いてしまうからではないかと。

それならと30号の重りを40号に変えてみた。

これが大正解で本命のヒラメが連続して喰ってきた。
その代わり底物のマエソも連チャンで。

Aさんにはマダイが喰わなくヒラメ、ヤマハタなど底物ばかり。

 「重りは?」

って聞いたら100号だって。
道理で落とし込み中マダイが喰ってる間がないわ。

しかし潮によってはマダイも底辺にいることもあるから
釣行毎この理屈が通用するとは限らないが。

この釣法ベイトの群さえあれば小学生だって楽しめ大物を手にできる。
いやいや魚釣りは難しく奥の深い部分もあるが
全くそんなもの関係ない楽しみもできるんですね。


001.jpg
1発目の炸裂。前回同様4.1kg。


002.jpg
続いて2発目も同サイズ。


003.jpg
3発目3.8kg。この3匹とも金赤できれいな魚体だった。


004.jpg
40号の重りに変えて4発目は本命のヒラメ2kg。


005.jpg
5発目も本命1.2kg。


006.jpg
外道中の外道だが6発目マエソ1.5kg。


007.jpg
7発目も上記写真同様。
マエソは超高級とされるカマボコ材料で
Aさんが薩摩揚げを作るので2匹Aさんに。
マエソといい沖ギスといい棒状形の魚は薩摩揚げの好材料なんですね偶然にも。


008.jpg
Aさん本命のヒラメ2kg。


009.jpg
こちらもAさんのヒラメ。


010.jpg
食べ頃サイズのマハタもAさんの竿に。


011.jpg
マダイをかけて弓なりの6:4調子竿。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:48 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ヒラメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする