2014年05月26日

鮭のハラスが良かった 〜 5月23日釣行

中深の釣り物は海中汚れに影響を受けるからアカムツも例外ではない。
また潮の動きにも左右されるというが
300mもの海底状況は知る由もないから海面状況で判断するしかない。

5月は潮止まり時間が長いように思うが
これも表面上のことで底はどんな流れなのか。
2枚3枚潮になってないのに実深よりラインが出る場合は
底潮が動いてるなと一つの判断材料になる。

そんな中で今回もアカムツ。

餌はサバ、アナゴ、鮭ハラスを使いハラスが良かった。
不思議とその日によって違うのが興味深い。

ところでユメカサゴのキープサイズが釣れるポイントを見付けた。
良形だとアカムツと似た様な引きで期待させられるが
最後の50〜20mでの抵抗がないからこれでがっかりさせられる。

Aさんアカムツ6匹。
船頭はクロムツ共で4匹。

薩摩揚げ材料の沖ギスを釣ろうとのことで
そのポイントに入り易々と4匹、ドンコもあるから材料には十分。
もっとも作るのはAさんだけど。

5月はひねもすのたりの日が多く今回も凪倒れになるかと思う程で
スパンカーの出番がなく時々気持ちよく船の上で船を漕いでた。


001_01.jpg

001_02.jpg
2人共お馴染みの。


002.jpg
赤い釣果。
この他にドンコ、沖ギス、シマガツオなど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:57 | 神奈川 | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

オオメハタとアカムツは同居しているのか

ワキヤハタとよく似てるオオメハタ。
目が少し大きいが釣り上げて直ぐ判断つかないほど。


この2種もアカムツ同様ホタルジャコ科に分類されるだけあってとても旨い魚。
刺身、煮魚、塩焼き、昆布締め、干物など。
もちろんアカムツには及ばないが。


地方によってはウミブナとかデンデンなんて呼ばれる。
ところで当魚が釣れる場所では、ほぼ確実にアカムツが釣れる。
同居でもしているのだろか。
アマダイ釣りのヒメコダイのような存在で棲息環境が同じなのだろう。


アカムツを狙ってこいつが外道で釣れてきても少しもがっかりしない。
むしろ大歓迎。
20cmほどの個体ならなおさら嬉しい。


胃袋は小さいが切り開いて水洗いし、キモと一緒に煮ると絶品の肴になる。



001.jpg
良形のオオメハタ



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:50 | 神奈川 | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

今時の醬油

このところ醬油メーカーは入れ物に知恵を絞っているようで
キッコーマン、ヤマサ、それに今回ご紹介のイチビキ。

何れも大手メーカーだが醬油差しを必要とせず
そのまま食卓で使える工夫がなされ誠に使いやすい。

今まで使った中でこのイチビキがデザインも優れ使い勝手はピカイチで
何と言ってもこれら全ての商品には化学調味料を使ってない点が特筆できる。


001.jpg
刺身用となっているが何にでも合い、味も優れてる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

針スにデンタルフロスは参考にならないか

釣り師が頭を悩ますことの一つに針ス、
特に枝スや胴突き仕掛けの針スのパーマ化現象。

アカムツ釣りで小さなユメカサゴを釣り上げた時など
魚が回転しながら上がってくるから針スがよれて
使い物にならなくなったなんて誰もが経験されてること。

一番理想なのはメーカーがよれない針ス糸を開発してくれることだが
今の化学を基にしても不可能なのだろう。

そこで参考になる材料がある。

歯の間を掃除する糸。
デンタルフロスですが糸の一方が5cmほど硬質化してある。

一般に糸は軟らかくそのままでは歯と歯の隙間に通せないが
何やら化学的処理でもしてあるのか硬くなってる。
この技術を応用して針ス用糸を作れば
少しはパーマ化を防げるのではないだろか。

幹糸から10cmもこの処理をすれば効果ありそうに思うのだが。
どこかのメーカーさん開発してくれませんかね。


001.jpg
よれた針ス


002.jpg
一方が硬く処理してあるデンタルフロス


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:29 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

久し振りにお出まし タイノエ様

アカムツ10連勝の時もその前後も全く目にしなかった知る人は知るタイノエ。
5月17日に4匹のアカムツの一匹の口内にご夫婦で住まわれてた。

しかし何ですね、魚に取っちゃえらい迷惑千万でしょうね。
アパートや借家なら家主に賃料払うところ
こいつは家主から養分その他をせしめているのだから
当人、いや当魚に取っちゃえらいこっちゃ。

口腔や鰓にしっかり沢山の足でしがみつき魚と共に生きている。
しかもほとんどが夫婦で。

魚に手があったら摘み出したいだろうが鰭じゃ役に立たないし
こいつに取り付かれた魚はきっと毎日が憂鬱だろな。

この前どこかのブログでこいつを空揚げで食べたなんてありましたよ。
ほそいあやさんなら食べちゃうかもね。

そうそう魚の外側に取り付くのもいるそうですよ。
魚に取っちゃ口の中なんかよりはまだ少しは救われるかな。

いやほんと久し振りにお目に掛かった。


001.jpg
大きな方が雌、小さい方は雄、2匹仲良く暮らしてた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:42 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする