2014年02月28日

たべもの

子供の頃ごはんを食べ終わった飯茶碗に飯粒が付いてると
お百姓さんが大事に作ったお米だからきれいに食べなさいと
母親に言われたものです。

それで今でも食べ物には感謝しながら無駄なくという習慣がついているし
魚や肉を食べる時はその命をいただいてるという
意識も合わせ持ちながら食事をする。
いやいや特別な精神論なんかじゃなくて単に素朴な思いで。

当然自分で釣ってきた魚に対しても同じく無駄なく食べる。
折角釣ってきた魚を雑に食べたんじゃ勿体ないし
その命も乱雑に扱うことになるような気がして。
だから捨てるのは内臓の一部と鰓だけで他は活用する。

細かくてどうにもならないあらや中骨は出し汁を作るから無駄にならず
これで作る味噌汁や澄まし汁は別格の旨味を引き出せる。
まさに猫またぎを作っているようなもの。


001.jpg
23cmのユメカサゴの煮魚もこの通りきれいに食べ尽くしたが
お見苦しくてすみません。
作家の植村さんもまさかこんな場面で登場するとは思わなかったでしょうね。

皿は流氷焼 植村宏光さん作陶


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:26 | 神奈川 🌁 | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

液体ばんそうこう

痛てっ!指に針刺しちゃったよ。
ラインで指先切ったなんてこと釣りの最中経験ありませんか。

いつも釣行時はバンドエイドや指サックと共に
液体ばんそうこう(液ばん)を携行してるのだが
小さな傷で一番手っ取り早く使えるのが液ばんだ。

ところが何種類か使ってはみたもののどれも乾きが遅く釣りにならない。
バンドエイドは手間が面倒。

そんなことでまたまた液ばんを買ってきた。
今まで使ったことがない製品で「リュウバンS」。

これが今までにない乾きの速さで1分ほどで指先が使えるようになり
とても便利なので紹介します。
大木製薬の製品。


001.jpg
これいいですよ。すぐ乾いて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:22 | 神奈川 ☔ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

アカムッチャンとの会話 〜 2月25日釣行

ここ2回ほどアカムッチャンにケッチン喰らったけど今回は名誉挽回。

一匹目に釣り上げた奴に聞いたんだ。
「この前どうして姿見せなかったの?」って。

そしたら言うことがいいや。
「今日あたりダボハゼ丸が来そうだから
    サバやサケの餌には気を付けようぜって皆と話をしてたんだよ」

なるほど、それじゃあ釣れる訳なかったな。

で、「どうして今回は釣られちゃったの?」って聞いたら

「この前で懲りてもう来ないだろうと思って気が緩み
    ついつい旨そうなサケ皮に食い付いちゃったのさ」

何とも食い意地張っちゃって情けないよ。
後から釣られるのもいるだろなって。

アカムッチャンのおとぎ話でお粗末さま。

Aさん5匹、船頭3匹と旨いゲストは二人共おかずに十分。
凪も風も潮流れも申し分なかったが強烈な二枚潮。
それも操船で何とかなった。


001_01.jpg

001_02.jpg
Aさんも船頭も格好がついた


002.jpg
おかずには十分


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

漆器

足柄の山がまだ少しは豊かだった30年も前のこと。
野田行作さんと裏山に入りタラノ芽や山ウド採りを楽しんでた。

その野田さんも食道がんで22年ほど前に亡くなった。

東京芸大の工芸科で漆工を学び拙宅の近くにアトリエを構え
先々人間国宝になるかもと言われたほどの漆器作品は
誰もを唸らせる出来映えで
三越や高島屋での定期的な個展にも大勢のファンが訪れた。

酒もよく飲み交わし親しかったから
亡くなった時は葬儀委員長も勤めたほどの間柄だった。
それほどの人だったから弔問客も千人を超してた。

その役割も大仕事で無事済んだ時はほっとしたが
これ程の葬儀だったから一人では不可能で
洋画家の橋本博英さんと2人で切り盛りしたがその橋本さんも今はいない。

デジカメでその素晴らしさが伝わるか否か。
どうぞご覧下さい。


001_01.jpg

001_02.jpg
茶托


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg
小鉢


003.jpg
酒器


004_01.jpg

004_02.jpg
小椀


005_01.jpg

005_02.jpg



006.jpg
小皿


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:54 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

アカムツ釣りにサケ皮の短冊

アカムツ釣りの餌はいろいろあること前にも書きましたが
中でもアナゴの短冊が人気があるみたいだが
スーパーでも売ってないことが多い。

その点サケはどこでも売ってる。
沢山食べない方がいいですよ、なんて言われてるチリ産養殖塩ザケ切り身。
釣り餌にするには問題ない。

アカムツの喰いの良さはサバ短冊と遜色ないように感じるが
サケ皮は餌持ちが断トツ優れてる。
とにかくまず取られない。
大袈裟に言えば釣り始めに付けたサケ皮が
最後まで使えたなんてこともあり得る。
だからサケの切り身を二切れも買えば間に合うなんて。
一切れから2枚は取れるから。

ところが難問がある。

皮が丈夫過ぎて針に刺さらない。
下手すると針を指先に刺してしまう。
だから予め千枚通しで穴を開けて持参するか
あるいはスチロールの板に皮を乗せて刺すと安全だ。
サバにするかサケにするか時に迷ってしまう。

アイヌ博物館にはサケ皮の防寒長靴があるがそれだけ丈夫なんですね。
簡単に刺さる訳ないか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:50 | 神奈川 ☁ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする