2014年01月16日

不動産価格の下落

不動産を所有する財力はあっても
一生借り物で通すという人って結構いますね。
価値判断がそのようにさせているのでしょうが。

わたしの住まいの近隣地区では一時1億円を下回る物件は皆無だったのが
今ではその30%まで下落している。
従って当時1億円で購入した人は7千万円の損失を被ったことになる。

賃借り住宅ならこんなリスクは回避できるから安全だ。
新築でも2千万円台からの建売住宅があったり
中古物件なら1千万円台はおろか中には百万円単位のものまである。

いつも不動産業者の折込チラシを眺めて思うことは
船を新艇で購入する価格より廉価なものがあって
物事の価値判断がわからなくなることがある。
もちろん船だって不動産だってピンキリだけど。

船は大量に売れるものではないからそれ相応の価格、
一方不動産は供給の方が多いからなのだろうけど。
利用価値の点から考えても???


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:36 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする