2014年01月15日

アカムツ連続7回釣行 外れなし 〜 1月14日釣行

昨日で連続7回目のアカムツ釣行。
Aさん共々きっちり形をつけてきた。

桟橋で今日も何となく釣れそうだぞとAさんに話しながら真暗の中出港。
一路鯛場沖300m立ちホームグラウンドへ。

日の出前のポイントは北寄りの嫌らしい変則的な波が2mほどで
置竿では当たりが取れずほとんど手持ちで通す。
やはりアマダイ同様、誘い上げの途中で喰ってくる。

同じく手持ちでやってたAさんが一荷釣りをやってくれた。
餌はサバ短冊が良かった。

一方船頭の750gの引きなんて応えられないね。
最後の20〜30mでグイッグイッ。
魚に取っちゃ地獄だろうからな。
ゲストも旨い魚ばかりでオツムは酒と魚で飽和状態。

150号の重りで300m立ちの手持竿はほんとしんどいが
釣果が打ち消してくれた良い釣り日和だった。


001.jpg
Aさん一荷釣りを。


002.jpg
船頭は750gのグラマーちゃん。


003.jpg
幻の魚ツボダイ。


004.jpg
少しだけ珍しいウケクチメバル。


005.jpg
そこそこの形揃い。


006.jpg
なぜかオオメハタのゲストが多かった。
スミヤキも大歓迎。
いずれも旨いものばかり。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

丸々としたアカムツ

アマダイと比べるとアカムツは丸々してボリューム満点。

魚をさばく時一番長い間魚を手にするのは鱗を落とす時。
つくづく眺めるとほんと魅力がある。
はち切れんばかりの腹回りはいかにも脂が乗って旨そうなことこの上ない。

サバでもこんなボディあるけれど
何と言っても色合いがメタリックの赤で輝いてる。
こんな光の魚他にあるだろか。

姿も良ければ味も良い。
釣り師が放っておくはずがない。


001.jpg

002.jpg
鱗落としの時つくづく眺めその魅力に惚れてしまう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:23 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

今日もアカムツ 〜 1月11日釣行

連続6回目のアカムツも何とかAさん共々格好がついた。

僚船K艇と並行してやってたがK艇は着々と順調に上げてるのに
当船には当たりが出なくAさんと何故だろう?

少し南東のいつものポイントに移り大きな根の斜面を狙ってみたら
そこそこの形が出た。

しかしこの斜面は200m立ちから300m以上の高低さがあり
潮も弱いながらも2枚潮で実深より糸が出て小さな当たりが取りづらく
合わせが甘いためか二人してバラシが出た。
1m捨て糸胴突きの一番下針によくヒットしたから喰いは立ってなかったようだ。

K艇は既に沢山の釣果と見え先に沖上がりの様子で船影は消えていた。

またまた旨いアカムツのご馳走にありつけるぞ。


00101.jpg

00102.jpg
二人共々この日もきっちり仕事を。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 14:45 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

賃貸住宅の“礼金”

神奈川県央地域から大学キャンパスが撤退して久しいが
不動産業者曰く空家空室が多く中々借り手がつかないという。

従って不動産業者の中でも賃貸借斡施主体のところは仕事量が少ないらしい。
それでも貸主側の条件は敷金と礼金。

ちょっと考えると“礼金”って一体何なんだ。

借主が貸してもらって有難うございますってなことで
貸主に支払う性質の金員なのでしょうが今の世の中買い手市場ですよ。

小売業しかりサービス業しかり建設業も
どのような商売も買手側が主導権を持っているのにこの礼金って何なの。
昔からのしきたりでそんな風になってるが
少しずつなくなってきてるのが実状のよう。

もう少し経つと貸主が借りていただいて有難う礼金を差し上げます。
一ヶ月間は無料で結構です、なんてことになるんじゃないかな。

敷金はこれは仕方がない。
一種の保証金なのだから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:52 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

仕掛け寸法に悩み続ける

例えばアカムツ胴突き仕掛け。
市販品を使われてる方はほとんどの方が、
このあーでもない、こーでもないには迷わないでしょうが
自作になると大いに真剣に悩んでしまう。

針ス枝間はともかくとして捨て糸と針スの長さのバランス。
これ大いに悩みの種。

枝スを長く取れば当然捨て糸もそれに見合った長さにする必要がある。
特に捨て糸の長さに迷う。
棚取りに重要だから。

一般的にアカムツは長い針スと小さな目の餌と言われてるが
胴突き針スを長く取れば当然幹糸に絡む確率が高くもなる。

そしてそれなりの捨て糸の長さも考えざるを得なくなり
さてどのぐらいにするか、なんて大の大人がたかが糸の長さで悩むことになり
釣りをしない人から見れば至極こっけいなことだろう。

同じくアカムツ片テン仕掛けについても針を2本にするか3本か。
長さはどうしよう。
片テンは特に潮の速さに関係するから
胴付き以上難しいが針スを長く吹き流し状にできるからこの利点がある。

13年も沖釣りをやってて狙う魚ごとに仕掛けに悩み続けるが
これも一つの勉強か。

やはり魚釣りは大袈裟に言えば哲学?かな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:52 | 神奈川 | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする