2013年12月07日

大時化の時、大型カーフェリーは?(3)

大揺れの船内での食事はというと
食器やコップがひっくり返るような経験はまだないが。
しかし何となくけったいな感じですよ。
とにかく結構揺れてる訳ですから。

手を伸ばして何かを取ろうとしても直ぐには取れなかったり
箸先が狂ったりコップのビールはこぼれないまでも表面が斜めに動いてる。
テーブルはもちろん固定されてるし
椅子は座面の裏側から鎖で床につなげてある。

とにかく何から何まで全くの非日常的の生活だから
わたしのような好奇心の強い者には飽きることがなくむしろ楽しい。

レストランを満腹で出て部屋に帰るが
これまた難行苦行でほいほいとはいかない。
酩酊してるのが足元の揺れてる所を歩くわけだから想像つきますよね。

そして何が最高かと言えばベッドに入って大揺れに体をまかせること。
これはたまりませんね。
まだ寝入ってないのに夢心地でゆーらりゆーらり。
凪の海原を行くより荒れた海の方が何倍も楽しい。

なんて不謹慎な。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:42 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする