2013年11月16日

クロネコヤマト 本当に焼が回ったか

不特定多数のセールスドライバーを必要とする宅配業。
おかしな仕事をすれば当然内部告発の可能性が十分にあることを
今の経営陣は危惧しなかったのか。
神経を疑う。

今までの報道を見るにつけ、あまりにもずさんな運営にまさかと思ってしまう。
他にも同業はあるが、ことクロネコヤマトの信頼性は群を抜いて
確実性も正確性も非常に高かった。
その為運賃も業界一の高額を誇ってはばからなかったのに
この姿は一体どう理解したらいいのだろう。

わたしの会社も年末時期には大量の納品を任せているが
それは何よりの確実性と信頼性を期待してのことだ。

このずさんな運営でかなりのユーザー離れが進み
他業者はビジネスチャンスにつながる可能性多いにありだろう。

強いて言えばいわゆる放漫経営そのものだ。
創業者の故 小倉昌男さんの精神をどこへ捨て去ったのか今の経営陣は。


001.jpg

002.jpg
ますますエスカレートするずさん経営のクロネコヤマト。
イメージダウンで甚大な信用失墜は避けられない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:54 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする