2013年11月15日

車で行く北海道 船旅は楽し(9)

紋別市から35kmほどの滝上町。

窯元の植村さんは待っていてくれた。
楽しい話を交え気に入った茶碗や皿など買い込んだが
驚くほどの廉価しか受け取ってもらえず恐縮する。

実は三上 亮さんから北海道の粘度を見てみたいと聞いていたので
植村さんに話をしておいたら用意しておいてくれて持ち帰ることに。

ご自分の所有する土地から取れる粘度でかなり広大な数字を言われてた。
しかしご自分の土地の粘度を使い作陶するなんて凄いことだ。
陶芸家が羨むだろな。

植村さんの作陶は
国道273号の道の駅「香りの里たきのうえ」にも多く出品してるが
道内の飲食店にユーザーが多いとのことでなるほど丈夫に仕上がっている。
正に用美そのものだ。
名の知れた大学の法学部を出て陶芸家とはこれまた珍しい。

かーちゃんも植村さんの作陶は大いに気に入って
訪れる度に求めるからかなりの数になる。


001_1.jpg

001_2.jpg

001_3.jpg

001_4.jpg
窯に隣接する展示場内の作品


002.jpg
1918年に建てられた展示場
建物自体は95年も経って貫禄十分

003.jpg
天上は釣り天上になってる


今までに求めた数々の作品
004_1.jpg

004_2.jpg
変形大皿

004_3.jpg
飯茶碗

004_4.jpg

004_5.jpg

004_7.jpg

004_8.jpg
中皿

004_6.jpg
コップ類

004_9.jpg
小皿


005.jpg
三上 亮さんに渡す粘度
(植村さんの土地から採取)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:13 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

さんま

タレントじゃなくて腹わたも食べられる方の魚のさんま。

わたし達が釣ってきた魚の排泄口から臭い糞が出てることが時にありますね。
とても臭いのがある。

胃袋に入った食べ物が腸に送られ、そこで排泄物になり
時に排泄するというのが普通です。

ところがさんまには胃袋がない。
食道と腸が直結してる。
その為、食べた内容物は30分と経たないうちに排泄されてしまうので
いわゆる糞状になる前に外に出てしまう。

つまりさんまの腹の中には糞がないから腹わたまで食べられるということ。
あれ糞が詰まってたら臭くて食えません。

ところで胃袋がない魚は他にもあるんですね。
これも腹わたまで食べられるカタクチイワシ。
メザシや丸干しは丸ごと食べられる。
トビウオ、淡水魚の鯉や金魚、メダカもそうです。
まだ他にもあるらしい。

網で取るさんまは魚同志の鱗が頭寄りの内臓に入ってることがありますね。
口から入っちゃうんですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:30 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

車で行く北海道 船旅は楽し(8)

雨の中稚内から紋別に入り常宿の紋別セントラルホテルにチェックイン。
いつものフロントマンと立ち話。

ここ紋別は他に紋別プリンスホテル、オホーツクパレスホテル紋別があり
その他にも小規模な宿泊施設も含めるとかなりある。

プリンスもパレスも利用してきたが、わたしにはセントラルが一番適している。
理由はホテル内の食事が旨いから。
一番初めに来たのは25年ほど前になるが食事の味が落ちたことが一度もない。
優れた板長がいるのだろう。

ホテル自体は当地で一番古いと思うが良く手が行き届いて清潔さはピカイチだ。
ここも流氷時期になると満室状態が続き予約が取り難くなる。

毎夕連続して魚介類の食事だが飽きることがない。
北寄貝やつぶ貝は本州の物とは全く別物で
道内の人達はいつもこんな旨いものばかり食べられて羨ましい。
シマエビの刺身なんて言いようがない絶品。

次の日は滝上町の流氷焼窯元で植村宏光さんを訪ねる。
再会が楽しみだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:52 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

豊穣の秋

毎年庭のレモンと柚子が実る今頃だが今年は両方共たくさんできた。

キンカンも花を付けたから楽しみだが
これらの柑橘類は虫食いに悩まされるが
薬を使っては何の価値もなくなってしまうから成り行きにまかせてある。

時々小鳥が来てその虫を蛋白源にと食べてくれるから助かるのだが。

レモンと柚子は使いかすを木綿袋にでも入れ
浴槽に入れれば香りの良い湯に浸かれる。


001.jpg
レモン


002.jpg
柚子


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:30 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

アマダイ、ツ抜けなんだけど・・・ 〜 11月9日釣行

北東からの嫌らしい波が2mほど。
アマダイの前に大アジいるかなと探したが貧弱な反応しか出ない。
それでも周辺はそこそこ船が集まってた。

ちょっとやってみんべーと仕掛けを入れるが音沙汰無し。
他船も動き回ってるから目ぼしい反応がないんだろう。
早々に見切りをつけアマダイへ。

渋いながらもポチポチは釣れる。
沖上がりの12時半までにぴったり“ツ抜け”なんて近頃ない釣果。
でもねでもね小さいのよ。
全部が干物か天ぷらサイズで完全な消化不良状態。
駿河湾以外の人が見たら笑われるだろうな。

2〜3年ほど前までは一匹500gは揃ったのに。
他はそこそこのレンコが2匹。
共々今回は干物にする。

10%の塩水に20〜30分浸けた干物は
さっと炙って食せばアマダイ特有の甘味があって
何とも言えない旨さはあるのだが・・・。
塩だけの浸け汁も魚自体の旨味が生きて中々ですよ。


001.jpg
25cm前後ばかりで可能なら放流したいが
こればかりは資源の保護からも残念でならない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:41 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする