2013年10月24日

「ガン」と近藤 誠医師(4)

研修医になって初めて立ち会った手術は
40代の乳ガン患者の手術だったとのこと。
乳房と筋肉がひとかたまりになって体から切り離され
金属製の盆にポンと置かれたときは溜め息が出たと書いてる。

近藤医師はこの時乳房温存療法を広めなければと痛感し
1988年月刊誌「文芸春秋」6月号に
「乳ガンが切らずに治る」と題した論文を発表。

東大と慶応大学病院の名をあげ
ハルステッド手術(前記全摘出手術)のやり過ぎと指摘し
これは外科医の犯罪行為ではないかと問題提起した。

この時点で講師止まりが決まったようなもので
教授にまでなれる訳がないこと十分承知の上だったらしい。
つまり治療は患者の為にあるべきで
外科医の名誉などにするのはもっての他だとも書いている。

正にこれだけの事を発表できる医師は他にもいないだろう。
やはり自分の保身を考えればもっともなことだ。

医療関係は強固なムラ社会で
「裏切り者の烙印」を押されたくないということだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:21 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする