2013年10月18日

スミヤキの極みはやはり煮魚かしら

食べ物の好みは個人的趣向が強く出るが
先日釣果の良形スミヤキを半身ずつ干物と煮魚で食した。

つまり個人的好みからだがやはり煮魚に軍配を上げたい。
干物だって随分と旨いがそれ以上に感じる。
あの汚らしい外観から想像のつかない白身の脂が乗った旨味は
とことん癖になる味だ。

確かに小骨は皮から身に大量にあるが硬骨魚類ではないので
それ程食べてて厄介には思わない。
小まめに口中で選択して出してしまえば済む範囲だ。

ただこの時の下ごしらえ中に迂闊にもあの鋭い歯に指先が触れて
痛い思いをしたから以後気を付けないと。
釣り上げてすぐに上と下の歯のある顎をカットしてしまえば済むことで。

小田原漁港近くの早川でこれを食べさせる店があるが
予約しないと有り付けないらしいほど、この地元では人気がある。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:54 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする