2013年09月17日

不思議な生き物がいるものだ

体を切り刻んだ数だけの個体になる「プラナリア」のことは前に書きました
今度は死んでもその個体が再び生き返るという
「ベニクラゲ」なる生物が紹介された。

体長4〜5mmほどの赤い消化器が透けて見える幻想的なベニクラゲ。
死ぬとその体からポリプ(触手)が生えて
新たな個体として再生するのだという。
正に不死不老のサンプルのよう。

プラナリア、ベニクラゲのような“性能”が、もし人間に備わっていたら
人間だらけでどうにもならなくなるだろうけど。
でも一応誰でも願わずにはいられない夢のような話。

地球上にはほんとに思いもよらない生物が存在するものですね。


001.jpg
不思議なベニクラゲを伝える新聞


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:52 | 神奈川 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする