2013年09月15日

スミヤキの刺身 〜 9月13日釣行

今回も中深五目の貧果でユメカサゴ、オオメハタ、クロムツ
それにスミヤキが二人の釣果だった。

そのスミヤキ、グロテスクで真っ黒な正に炭焼きその物の魚体。
Aさんだって以前は捨ててたという。
あーなんてもったいないことを。

わたしの住まいの隣接地小田原では昔から珍重されていて
もちろんスーパーの店頭にも並ぶ。(標準和名:クロシビカマス)
中深五目で時々釣れる。

今までは外見から煮魚はいいが、どうも刺身はなぁーと躊躇してきた。
それを今回思い切って食べてみた。

三枚におろすのは他の魚と全く違いなく
その身は白く脂が乗ってるのがわかる。

さて三枚におろした迄はいいが、この後どうするかだ。

普通の魚なら血合い骨を取って皮を引いて刺身用に引けば良いだけなのだが
こいつは皮から身に高密度で小骨が入ってる。
抜こうにも湾曲してあまりにも沢山あるので不可能。
だから皮の方に身を厚く付けた状態で身を薄く削ぐしかない。

皮の方には刺身で取った2倍ほどもの身が骨と共に残る。
今度はそれをスプーンでマグロの落身をすくようにすき取る。
そこへネギを混ぜてたたく。
いわゆるネギトロと同じ。

これと刺身がやみ付きになるほどで実に旨いのなんの。
最後に残った小骨付きの汚らしい黒い皮は
煮ると小骨を口中で選り分ける面倒を差し引いても
実に旨味が凝縮されてとことんしゃぶってしまうほど。

つまりスミヤキは手間を惜しまなければとてもおいしい魚だ。

釣り上げた時、鋭い歯と背鰭に注意し大切に持ち帰る価値多いに有りという魚で
どうぞ捨ててこないでください。
捨てるならわたしにください。
大喜びでもらい受けます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:42 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする