2013年09月15日

スミヤキの刺身 〜 9月13日釣行

今回も中深五目の貧果でユメカサゴ、オオメハタ、クロムツ
それにスミヤキが二人の釣果だった。

そのスミヤキ、グロテスクで真っ黒な正に炭焼きその物の魚体。
Aさんだって以前は捨ててたという。
あーなんてもったいないことを。

わたしの住まいの隣接地小田原では昔から珍重されていて
もちろんスーパーの店頭にも並ぶ。(標準和名:クロシビカマス)
中深五目で時々釣れる。

今までは外見から煮魚はいいが、どうも刺身はなぁーと躊躇してきた。
それを今回思い切って食べてみた。

三枚におろすのは他の魚と全く違いなく
その身は白く脂が乗ってるのがわかる。

さて三枚におろした迄はいいが、この後どうするかだ。

普通の魚なら血合い骨を取って皮を引いて刺身用に引けば良いだけなのだが
こいつは皮から身に高密度で小骨が入ってる。
抜こうにも湾曲してあまりにも沢山あるので不可能。
だから皮の方に身を厚く付けた状態で身を薄く削ぐしかない。

皮の方には刺身で取った2倍ほどもの身が骨と共に残る。
今度はそれをスプーンでマグロの落身をすくようにすき取る。
そこへネギを混ぜてたたく。
いわゆるネギトロと同じ。

これと刺身がやみ付きになるほどで実に旨いのなんの。
最後に残った小骨付きの汚らしい黒い皮は
煮ると小骨を口中で選り分ける面倒を差し引いても
実に旨味が凝縮されてとことんしゃぶってしまうほど。

つまりスミヤキは手間を惜しまなければとてもおいしい魚だ。

釣り上げた時、鋭い歯と背鰭に注意し大切に持ち帰る価値多いに有りという魚で
どうぞ捨ててこないでください。
捨てるならわたしにください。
大喜びでもらい受けます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:42 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

締めサバアレルギー

サバはアニサキスが怖いので釣り上げて直ぐ内蔵を出し
頭を落として持ち帰るからその点、心配はないのだが
今年になってから手の平だけが痒くなるアレルギーが出始めた。

締めサバを、それも沢山食べると発症する。
酒肴でいくらでも食べれるからつい食べ過ぎてしまい
寝て2時間も経つと症状が出て両方の手の平だけが少し赤味を帯び
猛烈に痒くなり寝ていられなくなる。

医師が言うには一度発症すると癖になるらしい。
氷を押しつけたり保冷剤を握ると少しは気休めにはなるのだが。

これがわかってはいるのだが締めサバの旨さに負けてしまい何回か繰り返した。
そんなことがあってから沢山作った時には
魚好きな方へお裾分けしていたのを止めた。

わたしでも今まで長年食べてきて今年になって初めてのことだったから
誰でもその可能性はあると考えた方がよいのではと。

そんなことで旨さの誘惑に負けてしまうので最近は作らなくなった。
食べたいのは山々なんだけど。

締めサバ本当に旨いのに誠に残念で仕方ない。
丸々としたのを釣り上げると直ぐイメージしてしまうのに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:50 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

船に飛び込んでくる魚

沼津に船を置いてた時、ダイビングで神子元島へ度々行ってたが
その航行中トビウオがデッキに飛び込んでくることがあった。
何もわざわざ船に入り込まなくてもよいのに。

これと同じ様に今のマリーナの出入り時に大きなボラが飛び込んできて
デッキでドッシンバッタンで初めは何事かとびっくりすることがある。
丸太んぼうの様なでかいのがデッキで跳ねると迫力がある。

ボラと言えば小田原の早川港の岸壁で何人も並んでボラ釣りをしてるのだが
その周りは捨てたボラだらけ。
カラスミを作るのに雌ボラしか持ち帰らないんですね。
雄の丸々としたのがごろごろ散らばってる異様な光景。

もう一つおもしろい話がある。

300年ほど前の本「本朝食鑑」には
  「もし漁師が沢山のボラを獲ろうと欲張り、長くその場に居続けると
     驚くボラが次から次に船に飛び入り船が沈むことがある」
なんて記されてるそうな。
きっと実際の出来事なのだろう。

船と魚の関係は興味尽きない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:50 | 神奈川 🌁 | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

何とか眠りたい、いやほんとに

体は眠りの体勢に入ってベッドに潜り込んではいるのだが
どうにも寝付かれない。
こんなことってありませんか。

人によっては直ぐに寝付いて朝まで目が覚めないなんて
羨ましいケースもあるのだが。
この眠れない原因は次から次へ止めどもなく色々なことが
頭に浮かぶからなんですね。

どこかの哲学者が人間は考える葦であるなんて言いましたがそうなんです、
考えてしまうから寝られないんですね。

この考えるということは実は全て言葉で成り立ってる訳で
外国人は外国語で、日本人は日本語で色々な内容が頭に浮かんでくる。
これを考えまいとして羊の数を数えてみたりで
つまり他の言葉を思い出させないように努力してる姿なんですね。

良い釣果を出してる“ダボ仕掛け”も
ついつい釣りのことを考えて眠れないことの代償として
アイデアが出たわけです。

いつ時睡眠剤なんて使ったことあったけど
あれはだめです、習慣になっちゃうから。

よく眠れる人からその極意を聞いてみたいものだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:37 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

アカムツポイント 〜 9月10日釣行

漁師さん共々多くの釣り人が共有してる駿河湾の
200〜400m立ちのアカムツポイントは枯れてしまったのだろうか。
どこをどう釣ってもマグレぐらいしか掛からない。

ユメカサゴも大きいのが釣れないから場荒れしてることは間違いないが
一時の三保沖アコウの状況に似てる。
アカムツはもうほとんど幻の魚だろう。
その昔胴突き仕掛けの針全部に付いてきたらしいがこれもアコウそっくりだ。

9月10日午前中の風向風速予報はヤフーが北寄り1〜2m。
マピオンは北寄りで5〜7m。
またしてもマピオン予想通りで波は2.5m〜3.0mほど。

潮回りが3ノットほどしか出せずこれでかなり時間ロス。
船の上下と完璧で大きな2枚潮のため当たりが取りづらい。
おまけに渋いなぁーとAさん共々。

船べりで良形のスミヤキを一匹バラしたがこれは誠に残念だった。
ユメカサゴやオオメハタよりはるかに貴重で
もう少しでAさん構えるタモに入る寸前だったのに見事に針スを切られた。

これ想像なんですがね、針掛かりした魚は巻き上げ途中
口を開けて上がってきて巻き上げからラインを掴む時と
手操る時の一瞬の緩んだ時に口を閉じ
その時鋭い歯に針スが触れて切れてしまうのではないのか。
歯の鋭い魚が海面でバレることよくあるけどこんな状況ではないのかと。


001.jpg
なんとかおかずぐらいはの貧果。
左側のメダイのような顔付きはキララギンメ。
以前に写真を出してますが魚類研究者や水族館で欲しがるようです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:01 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする