2013年08月14日

ETCカードは完璧ではない

ETCを使い始めた15年程前の利用者は10台に1台程の割合で
専用レーンはどの料金所でも1〜2ヶ所しかなく
果たしてこんなもん普及するんかいなぁと思っていたが
今では9割近くの車が利用するようになったのは驚きだ。

ところでこのシステム誠に至便なのだが
初期的トラブルもあるから盲信できない。

というのはカードの更新が5年毎で3回目の更新カードが送られてきた。
車載機に差し込むとカードが読み取れないとのガイダンスが出る。
大体1〜2回差し直すと正常になったのだが遂に何度差し直しても正常に戻らず
他のETCカードを差し込むと作動する。

ということはカード自体に不良部分がある訳で
カード会社に連絡したら作り直すと言う。
それが2週間もかかると。

冗談じゃない、毎日利用しているのに
不便でもっと短くしてくれと言ったら1週間で作り直すと言う。
何ともいい加減ではないか。

とにかく1週間は一般ゲートで精算しなければならずだが仕方あるまい。
それこそ全くの久し振りに料金所の職員と顔を合わせ
決済用のカードのやり取りをすることになったのだが
ここでほんとに驚いたことがもう一つ。

カードを両手で受け取り領収書と戻してもらうカードを
これまた両手を使って渡すではないか。
こんなこと昔を思い出すと考えられなかった。
民営化のプラス面か。
それならもっと根本的な“実状”の道路状況を
提供できるようにもやればできるのではないか。
今の情報の3割ほどは実状と合致してないのだから。

話が逸れてしまったが
大量のカードの中には不良品もあるということで盲信は禁物だ。

ちなみに料金所の職員に聞いてみたら滅多にはないがとのことだったが
その滅多ににタイミングが合ってしまったということか。
他のカード類だって?はないのかなぁ。


001.jpg
お馴染みのカード。
使えて当たり前なのだがトラブルと悩ましい。
歯と同じみたい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:59 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする