2013年07月27日

中深五目用サバの身餌とサビキ皮作り

前回そんなに釣ってきてどうするという程のゴマサバは
締めサバ、一夜干し、味噌煮とバラエティ豊かになったが
一方中深場五目釣り用の身餌とヒラメ、マゴチなどを釣る為の
サビキ用のサバ薄皮作りも沢山できた。

沢山作れたのでその都度一匹400〜500円もするサバを
しかも兄貴(鮮度がいまいち)なのをスーパーで買わずに済む。
今までサバを確保したいと常々思ってたがいないことには仕方なかったが
今回これで満たされた。

身餌は皮に少しばかりの身を付けた短冊を作るだけだから手間はかからないが
サビキ用薄皮を作りそれを針に付け仕上げるのは少々テクニックもいる。

締めサバ作りで剥いだ薄皮を中性洗剤を少し入れた水に
一晩浸けて脂肪を抜き水洗いしてなめす。

水洗いした薄皮をポリバケツの横やバットの底裏面に
しっかり伸ばしながら張り付けて一晩おくとなめし皮の出来上がり。
このまま半年〜1年置くと丈夫なサビキ用薄皮ができる。

これを針の大きさに合わせてカットして針に巻ければ自分好みのものができる。
どんなに大物が掛かっても大丈夫なのが。
以前釣れた座布団ヒラメもこれでの釣果。


001.jpg
締めサバ作りの時、剥いだ薄皮を中性洗剤の入った水に一晩浸ける。


002_01.jpg

002_02.jpg
水洗いしてポリバケツやステン容器などに伸ばしながら張り付け一晩置く。


003.jpg
なめしたパリパリの薄皮
これを半年から1年常温で置いて出来上がり。


004.jpg
大物用3本針サビキ仕掛け
17号の丸セイゴ針を6号針スで結んである。


005.jpg
こちらは中深場五目釣り用サバの身餌


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:31 | 神奈川 ☁ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする