2013年07月16日

ブルブルッときてスッポ抜けるあれ 〜 7月13日釣行

いつもブログ読んでいただき有難うございます。
今日は特別いいこと書きますね。
キス釣りのことです。

ブルブルッとあれだけ強烈に引ったくるような当たりがあって
それっとばかりタイミング良い合わせ・・・。

ところがどういう訳かスッポ抜け。
えっ?!どうして?

ってなこと経験おありでしょ。
そういうわたしもしょっちゅう。

今回のキス釣りはシーズン初の富士川沖へ。
南からの大きなうねりの中
快調に飛ばし途中タチのポイントにベイト反応があったので
ジグを入れてみるも芳しくない。

ではではと、いそいそとキスポイントに入り
楽しすぎるほどキスに遊んでもらった。
潮色もまぁまぁでうねりはでかいがこんなもんものともせず。

久々に20cm以上のあの強烈な引きを心行くまで堪能できた。
Aさんもニコニコ顔になりっ放しで超ご機嫌。
デカキスを60匹以上。

周囲には遊漁船が一艇のみで貸切状態。
予報が悪かったので出てくる船がなかったのだろう。

ブルブルッっと当たりがあって合わせても針掛かりしないのは何故か?
前から疑問に思って持ち前の好奇心から原因を探ってみようと思ってた。
それが今回究明?できた。
と言っても推測の域は出ないけど。

まずキスの口と針の大きさ。
カワハギを除いて他の魚の口の大きさは
オニカサゴのようにムツ針18号なんて大きな針を使うが
あのばかでかい口に対して18号ムツ針はいかにも小さい。

おおよその魚に対する針の大きさは
うん、これで合ってるなと合点できるがキスの口をしみじみ見てください。
あの小さな口。
それに対して針の大きいこと。
ここまで押さえておいて下さいね。

そして口の中にも大きな原因を見つけた。
顎の上も下もツルッとした誠に硬い骨で被われてる。
しかもかなり奥までも。

つまり一旦餌を吸い込んでも針が大きいため瞬時の違和感で吐き出してしまう。
この吐き出し時、都合良く口の中に引っ掛かるところがないから
いとも簡単に口中から出てしまう。
こんなことではなかろうか。
だから針を飲まれるか口先にちょっとだけ引っ掛かって釣れてくることが多い。

そして口先に掛かったのが巻き上げ中のバレの原因にもなる。
他の魚のように口中の途中、針掛かりはまずない。

えらい研究しちゃったかな。
当たらずしも遠からずではないでしょうか。
これからキス釣りの時、これらを踏まえて対応するとしよう。


001.jpg
口の大きさに対していかにも大きな針。


002.jpg
口の両脇を切って開き、顎の上下を調べたら
どうにも針掛かりしそうにない硬さとつるつる感。


003.jpg
やはり富士川は釣れれば良形が揃う。
それでも10年前と比べると数も少なく小形化してる。
次は同じく富士川のキス15日の釣行記です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:36 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする