2013年07月08日

タイやアジの食味は個体差が大きい

大きければ旨いってもんじゃないのがタイとアジ。
ヒラメ、オニカサゴ、マゴチなどとは対極に。

以前サバ釣り時に35cmのマダイとマアジが“外道”で釣れたが
両方共捌いている時、脂の乗りが際立って良く
タイの方は腹中に白い脂肪の塊が入ってた。
包丁にまつわり付く程の脂にこれは絶対旨いぞと確信が持てた。

この両者は釣り上げた時、その体形でおおよその判断はできたのだが
中には如何にも不味そうな体形もある。

タイは身の厚さもそうだが巾がある個体でやはり尾鰭近くまで太いものが
今までの経験から食味に優れているように思うが皆さんの基準は如何ですか。

つまりこの二種の食味は個体差が大きい。
いくら長さがあっても食味がいいとは限らない。
マグロやカツオ、それにサバ。

これらは短くても太い方が確実に旨いのはご存知の通りですが
今釣れてるゴマサバは大きい上に丸々とし尾鰭近くまで盛り上がっている。
従っておいしいから狙う価値大いにありで、せっせと励むのです。
他の外道にも期待しながらね。


001.jpg
前回に大皿をご覧いただいた植村宏光さん作陶の大皿に
上記の旨いタイとアジを盛り込みました。
なるべく銀を付けるよう皮を引いて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:43 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする