2013年07月11日

キス釣りの楽しさ甦った 〜 7月10日釣行

サバが冷凍庫に沢山ストックできたので

  「しばらくはもういいわね」

と、かーちゃん言うので全く在庫のないキスが欲しいと思ってたけど
釣れなければどうしようもないことで諦めてたがAさん

  「そこそこ釣れるようになったみたいよ」

と言うんで、それじゃあとシーズン初の本格キス狙い。
あまりシラス網の入ってなさそうな所で。

富士川沖ほどの良形は望めないが
刺身にも干物にも天ぷらにも程良いのが希望を叶えてくれた。

このぐらいの形だと刺身にする時
血合い骨を取らなくても腹骨をすくだけで食べられるからひと手間省ける。
何だか負け惜しみのようだけど。

この調子だとかなりの量がいけるぞとせっせと釣り上げてたら
何やら怪しいガスが空を覆いだしてきた。
ガスの怖さは何度も経験あるから
君子危うきに何とかで10時過ぎに切り上げてきた。

凪は申し分なく潮も澄んで条件に恵まれたキス釣りが楽しめた。


001.jpg
程々の形揃いで外道もいろいろだった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:11 | 神奈川 🌁 | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

大漁=重労働 でもこれが楽しい

サバ釣りは船上で重労働。
でも楽しい。
帰ってからの下ごしらえと加工がこれまた重労働。
でもこちらもまた楽しい。

サバだけで20kgほどもの釣果は魚屋さんだって扱うことはそうはないでしょう。
市販魚と違って釣ってきたサバには鱗がしっかり付いてるから
何をさておいてもこれを取らないとには進まない。
これが結構時間を要する。

船上で頭と腹わたは取ってあるのでこの手間は省けるから
水で鱗を流し腹の中の血合いや汚れを歯ブラシで洗い流す。
次にサラシで水分を拭き取り3枚におろす。
これから先は締めサバにするか干物にするかの加工の工程に入る。
もちろんこのまま何もしないで冷凍庫に入れてしまうものもある。

締めサバや干物にするにはこれからがひと仕事で
これをずーっと立ちっぱなしでやるのだから
これが重労働でなくて何が重労働かというほどに。

しかしこれから旨い物を作るという楽しさの方が勝ってるので苦にならず
数時間も費やすことになる。
そして旨いものができあがる。

ほんと楽しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:48 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

オホーツクの流氷焼き

陶芸家は使う粘土にこだわる。

オホーツク海の沿岸で紋別から少し上がった所に雄武(オウム)町があり
その辺りにお気に入りの粘土質があって
自ら採取して陶芸活動されてる植村宏光さん。

流氷の迫るオホーツク海沿いの粘土を使い
流氷をイメージした陶器を作り出しているなんて素敵ですね。

一つ一つの手作りだから同じ物が二つとないし
流氷のイメージにもやはり同じ物は生まれない。
そして実用を重んじてるから丈夫で
しかも何故これ程廉価で提供できるのか不思議に思う。
正に実用の美。
用美を重んじた作陶。

北海道の紋別方面へ車旅をされる方は
紋別から北見峠に抜ける国道273号にある道の駅「香りの里たきのうえ」に
立ち寄れば作品を手に取ることができます。

この国道は数え切れないほど通っていたが
国道から直ぐ入った所にこんな良い町があったとは
不覚にも最近にまで知らなかった滝上町。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:15 | 神奈川 🌁 | 【陶】−焼き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

タイやアジの食味は個体差が大きい

大きければ旨いってもんじゃないのがタイとアジ。
ヒラメ、オニカサゴ、マゴチなどとは対極に。

以前サバ釣り時に35cmのマダイとマアジが“外道”で釣れたが
両方共捌いている時、脂の乗りが際立って良く
タイの方は腹中に白い脂肪の塊が入ってた。
包丁にまつわり付く程の脂にこれは絶対旨いぞと確信が持てた。

この両者は釣り上げた時、その体形でおおよその判断はできたのだが
中には如何にも不味そうな体形もある。

タイは身の厚さもそうだが巾がある個体でやはり尾鰭近くまで太いものが
今までの経験から食味に優れているように思うが皆さんの基準は如何ですか。

つまりこの二種の食味は個体差が大きい。
いくら長さがあっても食味がいいとは限らない。
マグロやカツオ、それにサバ。

これらは短くても太い方が確実に旨いのはご存知の通りですが
今釣れてるゴマサバは大きい上に丸々とし尾鰭近くまで盛り上がっている。
従っておいしいから狙う価値大いにありで、せっせと励むのです。
他の外道にも期待しながらね。


001.jpg
前回に大皿をご覧いただいた植村宏光さん作陶の大皿に
上記の旨いタイとアジを盛り込みました。
なるべく銀を付けるよう皮を引いて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:43 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

歯の定期健診

昨日彼氏に振られた歯科衛生士に歯の検診を受けようもんなら
そうでなくてもあの痛い探針が思い切りポケットに突き刺さり
飛び上がらんばかりになる。
もっとも飛び上がっては至極危険だが。

いわゆる歯槽膿漏の歯茎のポケットの深さを調べるあの針は
何とかならんかと常に思うのだが
今の技術ではあの痛いところまで達さないと深さがわからない。
注射針はほとんど痛くないものが開発されたとか。

探針なら例えばポケットの奥に達したら
それ以上は刺さらないメカニズムを考えればいいわけで
それほど難問ではないように思うのだが。
あれが嫌で検診に行かない人もいるとかでやっぱり苦手なんだな。

しかし腕のいい衛生士はほとんど痛さを感じさせずきっちり計れるとも聞くが
やはり腕の良し悪しの問題もあるのだろう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:01 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする