2013年07月16日

ブルブルッときてスッポ抜けるあれ 〜 7月13日釣行

いつもブログ読んでいただき有難うございます。
今日は特別いいこと書きますね。
キス釣りのことです。

ブルブルッとあれだけ強烈に引ったくるような当たりがあって
それっとばかりタイミング良い合わせ・・・。

ところがどういう訳かスッポ抜け。
えっ?!どうして?

ってなこと経験おありでしょ。
そういうわたしもしょっちゅう。

今回のキス釣りはシーズン初の富士川沖へ。
南からの大きなうねりの中
快調に飛ばし途中タチのポイントにベイト反応があったので
ジグを入れてみるも芳しくない。

ではではと、いそいそとキスポイントに入り
楽しすぎるほどキスに遊んでもらった。
潮色もまぁまぁでうねりはでかいがこんなもんものともせず。

久々に20cm以上のあの強烈な引きを心行くまで堪能できた。
Aさんもニコニコ顔になりっ放しで超ご機嫌。
デカキスを60匹以上。

周囲には遊漁船が一艇のみで貸切状態。
予報が悪かったので出てくる船がなかったのだろう。

ブルブルッっと当たりがあって合わせても針掛かりしないのは何故か?
前から疑問に思って持ち前の好奇心から原因を探ってみようと思ってた。
それが今回究明?できた。
と言っても推測の域は出ないけど。

まずキスの口と針の大きさ。
カワハギを除いて他の魚の口の大きさは
オニカサゴのようにムツ針18号なんて大きな針を使うが
あのばかでかい口に対して18号ムツ針はいかにも小さい。

おおよその魚に対する針の大きさは
うん、これで合ってるなと合点できるがキスの口をしみじみ見てください。
あの小さな口。
それに対して針の大きいこと。
ここまで押さえておいて下さいね。

そして口の中にも大きな原因を見つけた。
顎の上も下もツルッとした誠に硬い骨で被われてる。
しかもかなり奥までも。

つまり一旦餌を吸い込んでも針が大きいため瞬時の違和感で吐き出してしまう。
この吐き出し時、都合良く口の中に引っ掛かるところがないから
いとも簡単に口中から出てしまう。
こんなことではなかろうか。
だから針を飲まれるか口先にちょっとだけ引っ掛かって釣れてくることが多い。

そして口先に掛かったのが巻き上げ中のバレの原因にもなる。
他の魚のように口中の途中、針掛かりはまずない。

えらい研究しちゃったかな。
当たらずしも遠からずではないでしょうか。
これからキス釣りの時、これらを踏まえて対応するとしよう。


001.jpg
口の大きさに対していかにも大きな針。


002.jpg
口の両脇を切って開き、顎の上下を調べたら
どうにも針掛かりしそうにない硬さとつるつる感。


003.jpg
やはり富士川は釣れれば良形が揃う。
それでも10年前と比べると数も少なく小形化してる。
次は同じく富士川のキス15日の釣行記です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:36 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

出刃包丁

とーちゃんが魚を釣ってきてもかーちゃんが、
わたし捌くの嫌よ、大体捌けないし。第一うちには出刃包丁がないもの、
なんて家庭が結構あるみたい。

だからとーちゃんがやらざるを得なくなり包丁を買ってきたりで
始めると段々慣れてきて面白さも覚え上手になるなんて図式的になる。

しかし出刃包丁のない家庭ってほんと多いようで
もしかしたらその家の子供がメザシを見たら
こんな形で海の中泳いでいるんじゃないか、なんて思うんじゃないのかな。
極端だけど。

今の若い人達は男女共包丁を持つ人が少なくなってるようで
その辺の仕事済みの食材がスーパーに沢山並んでるから不自由しないんだろな。
小さくカットしたスイカがプラスチックケースに入れて売られてるもんなぁ。
あんな食べ方して旨いんかいなぁ。

昔のおふくろの味まではいかなくても、お母さんの作り出す料理と味を
もう少し子供達に伝えておいた方がいい気もするけど。


001.jpg
こんなの1本は各家庭に欲しいのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:49 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

ホテル探しのポイント

飛行機嫌いと時間に縛られるのが嫌で車旅ばかりを40年ほども続いている。

範囲は当然国内に限られるが同じ場所へ何度も訪れるのもとても楽しい。
その筆頭が北海道で釣り場のポイントの如く詳しく知ることになる。

従って宿泊ホテルもその地域地域で常宿ができるが
時たま初めて利用しなければならない場合もあって
これを決めるのに悩むことになる。

そしてそれが見事に外れてしまい、がっかりすることもあるのだが
それでもそんな事は度々はない。

常宿となったホテルを探し出したポイントを記してみます。
ホームページからの情報を基にしたものだが。

○ 一番の基本はホテルの全景写真のないもの、洋室のないものはパス。
○ ツインルームの広さが最低25平方m以上あること。
○ ルームチャージが1万5千円〜2万円までで朝食付き。
○ 洗浄トイレと禁煙室があること。
○ バストイレ付きは言うまでもなく平置き駐車場があること。
 (立体駐車場はランクルが入らない)

これらを踏まえて建物の形容から新旧を判断し
選択すればほぼ希望通りが叶えられる。
今までの経験から。

あとは夕食時のレストランの内容も気にかかる点だが
これもホームページの写真やメニューで大体の判断はつく。

一方最近発展目覚ましいチェーン展開してる新鋭のビジネスホテル。
シティホテルの選択がつかない時は良い助っ人になり
必要にして最低限、いやそれ以上の充実ぶりを発揮してる所もあり
今まで外れた例はない。

レストランはあっても朝食時のみなんていうのもあるが
良くしたものでその地域で間違いのない一般飲食店を紹介してくれたりして
ホテルの紹介で来たと言えば初めての店でも良くしてくれるし安心も得られる。

中には朝食が滅法旨いホテルがあるが夕食はクローズなんてのも。
実に勿体ないことできっと腕利きの板長がいるのだろうから
夕食も食べさせたらいいのにと思う。

ホテル選びも楽しい旅の一部ですね。
もちろん町中で旨そうな店を探すのも趣きがあるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 🌁 | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

サバアレルギーと血合い骨

どんなに新鮮でもサバアレルギーが出る人いますね。
特に締めサバや刺身のように生食すると
必ずアレルギー症状が出る人は多いらしい。
そして一度症状が出ると次に食した時にも同じ様になる。
つまり癖になると医師が言ってた。

これは食べる量の問題もあるらしい。
特に締めサバは口当たりよく後を引いてたくさん食べ過ぎるから危ない。
アニサキスも危ないが釣り上げて血抜き活き締め後
頭と腹わたを取り去ってしまえばまずこちらの方は問題ない。

それにしても今のゴマサバはおいしいですね。
これを三枚におろして腹骨を取り血合い骨を抜くとき苦労しませんか。
それほど締まった身質ではないのに
頭寄りの4〜5本が頑固ですぐちぎれて身の中に残ってしまう。

身巾の広い魚なら包丁で縦に切り取ってしまうがサバではできない。
頭寄りの骨以外は素直に抜けるのに何故だろうといつも思う。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:12 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

パウエル氏 核を語る

元米国務長官のコリン・パウエル氏。
恐らく世界中でその名を知らない人はいないだろう。

朝日新聞が核についてインタビューを行った内容が記事になっている。
総合参謀本部議長、つまり制服組トップも努めた人だけあって
理に叶った重みのある発言をしている。

端的に言うと核は不要で廃絶に進まなければならないとの持論で
内容はとても具体的で誰でも理解でき、その見識の深さが伝わってくる。

大統領職も遂行できるに十分な知識と良識を備え
こんな人が日本の政治社会に存在したらなぁとつくづく思う。

キッシンジャー氏、シュルツ氏の両元国務長官と同じ核に対する考えは
被爆国の立場から大いに共鳴できる内容が記されている。


001.jpg
7月11日朝刊の記事より


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:00 | 神奈川 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする