2013年06月18日

旨いものを食べる楽しさ 食べてもらう喜び

沖釣りをする以前は料理のリの字も知らなかったのが
魚を触るようになったのがきっかけで一通りの料理作りを知ることになったし
中華鍋まで振るようにもなった。

はまり込んでいくと研究心も芽生え同じ材料を使っても
より以上旨いものに仕上げたいと欲も出てくる。

人様に物を差し上げる時、つまらない物ですがと言って手渡すのが
美徳の日本文化の一つでもあるのだが、どうもこれが性分に合わない。

これね、こういう風に作ったからきっと旨いと思います。
是非召し上がって、といつもこう言って差し上げることにしてるし
美徳からは離れてはいるけどその物ずばり正直でこれはこれで良いと思う。
実際自分で食べてみて旨いと思うから自信を持って言うのだが。

謙虚さに欠けるな。

それでもいい。
差し上げた方のおいしいおいしいの顔付きを思い浮かべるのも
楽しさの一つと考えるから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:07 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする