2013年06月30日

プラナリアってご存知?

既にご存知の方もおいでと思いますが
余りにも不思議な生物なので紹介してみます。

この生き物、体を半分に切られると2匹になり
もっと細かく刻むとその数だけ個体ができる。
縦に切っても横に切っても。
まるで細胞分裂のように。

実際に見たことはないので写真はありませんが
検索すると動画までヒットしますからご覧下さい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:28 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

山ワサビ

山ワサビ、ホースラディッシュ、西洋ワサビ、ワサビ大根、蝦夷山ワサビ
野ワサビ、根ワサビ。
これ全部同じワサビの呼び名なんです。
一つの個体でこれだけ呼び名の多いものそう多くないですわ。

伊豆のワサビとは同じアブラナ科だが全く異なる。
伊豆のワサビより1.5倍の辛さがあって食味も良い。
原産地はヨーロッパなのに何故か北海道に多い。

葉はまるで違う形だが白く小さな花はどちらにも同じ。
根は乾燥させ粉末にしたものを
粉ワサビやチューブ入りワサビなどの原料にしてるが
その中に本ワサビの茎を細かくし混ぜたり諸々の添加物を加えたりして
本ワサビなんて名前で売ってるのもある。
こんなのずるいな。

これがとにかく何にでも合う。
刺身には元よりステーキ、炒め物、漬け物、味噌汁、
あと何だっけなぁー。
とにかく何にでも合う。

あっ、そうそう熱い飯に乗せ醤油をたらし海苔を巻いて食べたら絶品。
北海道以外の人はあまり知らないが北海道へ行く度に買ってくる。


001.jpg
根を植えておいたら立派に芽が出てきた


002.jpg
使用部分の根


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:03 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

補聴器メーカーは暴利過剰ではないのか

潜水病で難聴を来して以来、永く補聴器を使っているが
老人性難聴であればただ音を大きくするだけの兼価な物で十分役立つのだが
潜水病が原因となると聞き取れる音階の一部に不自由が生じるため
その部分の音だけを大きくする必要があって
オーダーメイドでなければ使い物にならない。
これが高価になり今まで百万単位の散財になっている。

これはこれで仕方ないと思っているのだが
度々故障が生じその修理費用が万単位が多く
修理後の保証期間も月単位でしかない。

車でも家電であっても修理後の保証はおおよそ年単位が多い中で
何故これほど短期間なのか。

補聴器販売店のマージンは50%ほど。
量販できる性質のものでもないし文具や雑貨
それに釣り具などのそれと比較しても遜色ないことから
こんなものだろうと思うが
修理費用に関しては販売店も説明しづらいのが本音らしい。

補聴器の構成部品は大きく分けて4ヶ所から成り立っている。

1【入力部】これはマイクロフォン
2【増巾部】音を拡大させるアンプですね
3【出力部】スピーカーやレシーバーです
4【電 源】スイッチ

これらの各部品は秋葉原あたりの部品販売店に行けば百円単位で購入できる。
それが何故1回の修理で万単位になるのか。

技術料と言われてしまえばそれまでだが
車だって万単位の技術料となると大修理だ。

敢えて名を出すがオムロンやソニー、パナソニックが
画期的な兼価な既製品を売るようになって
今まで記してきた外国製品を駆逐する勢いだ。
思うに一般の難聴ならこれで十分と思う。
外国の補聴器は販売店にとっても修理という部分で扱いづらいらしい。

これから高齢化社会になり補聴器を使う方も増えていくとは思うが
この件は折を見て触れていきたい課題と考える。


001.JPG
予備も含め現在両耳3セットを持ってる中で一番新しいもの。
この3セットでおおよそ80万円は非常に負担だが無ければどうしようもない。
潜って密漁などしないで沖釣りしてたらこんなことはならなかっただろうに。
後の祭りだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:32 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

今年もニッキの香 リカステが咲いた

もう何年も目を楽しませてくれてるリカステが
部屋中ニッキの“涼しい香”を漂わせ咲いてる。
一般的にあまり流通量は多くなく低温や水を好むラン科の花。

ランをもう一種。

近くで開店した信用金庫が開店祝いでどこからかもらった胡蝶蘭。
咲き終わったものを次に咲かせる自信がないからと
昨年持ってきたのを開花させた。
させたと言ってもわたしじゃなくかーちゃんだけど。

中々立派に咲いた。


001.jpg
リカステ


002.jpg
胡蝶蘭


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:18 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

企業に取っての良き人材悪しき人材

社会経済を深く身に付けるには証券会社と金融会社が手っ取り早いと
その社会に飛び込んで金融の実情を学んだ。
営業と調査が深部まで見ることができてとても勉強になった。

あっ、これ脱サラする以前の話です。

伸びる会社はもちろん
経営者の手腕によるところが大きいことは言うまでもないが
良い人材に恵まれていることが大きな要因だ。
中にはこれを潰してしまう悪しき人材もいて
こうなると企業に取って長くいてもらいたい人材が去ってしまい
大きなマイナス面をもたらす。

こんな例は沢山見てきたが
こうなると経営者の手腕や決断が重要になってきて
時には心を鬼にしなければならない状況に置かれる場合もある。

良い人材集めは容易なことではないことをどこの経営者もわかっているし
一番神経を使うところだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 06:43 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする