2013年05月16日

毎日更新丸3年

皆様本当にありがとうございます。
おかげ様でブログ開設丸3年になりました。
そして1,112日間毎日更新を続けることができました。
駄文雑文の連続にも拘わらず気に留めていただいたおかげと感謝申し上げます。

魚釣りのことばかり書ければ理想なのですが
毎日海に出てたのでは体が持ちませんし気象状況もあって
年間おおよそ80〜90回の釣行記になってるかと思います。
差し当たり4日1回ぐらいの釣行になるのかしら。

とにかくマリーナまで往復4時間近く要するから体力勝負そのものです。
余程の釣りバカでなければ勤まりませんね。

散々道楽はしてきたもののこれ程はまり込んでしまうようなことはなかったし
体力の続く限りと気合いを入れてる今日この頃。
と同時にダイビングなどしてないで
もっと早く沖釣りを始めてなかったことが悔やまれる。
しかし去ってしまった時間ばかりはどうにもならずです。

これからも釣行記と共に色々駄文雑文の“露店販売”に精を出します。
どうぞ宜しくお買い上げ下さい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

富士川沖のタチとキス 〜 5月14日釣行

中深場五目をやった方が手堅いとは思いつつ
いくら何でもキスがもういいだろうとAさんと話をしながら
ルアータチとキスの準備だけして凪の中出掛けるも
結果を先に言うと散々だった。

初め興津沖のキスから始めたが釣れるには釣れるが
“メダカ”みたいのばかりでこりゃあだめだと北上しながら
富士川まで探ったが白旗上げて帰ってくることに。

由比沖も蒲原沖もだめで富士川沖で少々釣れたが
Aさん共々ツ抜けまではいかず。

帰りにカタクチを探しながらだったがこれも全く見当たらず
これがいればヒラメの一枚や二枚との算段が消えてしまった。

タチもポイントに入ってはみたもののいない。
100m立ち近くに少し見えたがこんなのルアーじゃおもしろくない。
遊漁船も3バイほど動き回ってたがやはり見付けられなかったのだろう。

キスは30匹も釣れなければ面白みもないし。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:03 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−お坊さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

こんな人間の親っているんですね

自分達の間に生まれた子に対しての虐待が日常茶飯事に報道されるが
一体全体この親達の感覚はどうなってんだろうとほんとに考えが及ばない。

それでもその子供達には立派な良い名前まで付けておいて
今回の報道では女の子で“あいり”ちゃんという。

母親は水を怖がる性質のあいりちゃんを風呂の浴槽に顔を浸けたら
ばたばたと苦しくて暴れたという。
しかも死亡した後、裸のまま雑木林に埋めたって。

これ人間の仕業ですよ。
親としての、人間の。
世の中どうなっちゃってるんだろう。
畜生だって子を慈しんで育てるというのに。

こんな異常なこと日本だけなのかしら。
それとも世界中に起こってることかしら。
どうにも嘆かわしい。


001.jpg
殴るだけではなく一番怖がっている水の中に顔を浸けたと報じてる。
こんな記事を見るにつけ人間とは一体何なのだろうと考えさせられてしまう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:15 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

山菜採り

毎年連休明けに新潟の村上市へ山菜採りに行くのだがこれがとても楽しい。

もう何十年も通っているが多い時は年に何回も足を運んで
“準村上人”なんて地元の人達から言われてたが
沖釣りをするようになってからは魚に引っ張られて年に一度になってしまった。

知人友人と会うのも楽しい。
旨い酒と肴にありつけるのも応えられない。

元々の市内の人口は3万人ほど。
山あり海あり三面川があり、こんな所に住んでる人は幸せだ。
この街では多くの人と知り合いなり、行けば歓迎してくれるのも嬉しい。

親友の松っちゃんは市内近くの山から朝日連峰まで知り尽くしてるから
その時々の一番良い山菜の採れる場所に案内してくれる。
一度山に入れば沢山の収穫が得られる。

市内のタウンホテル村上も開業当時から慣れ親しんできてるから
古くからのスタッフの多くは皆昵懇でここをベースに出掛けて行く。

一方食事処も村上で1、2を競うこの1、2の店も親戚のようなもので
とにかく第二の故郷だ。

さて山に入るとしよう。

ワラビやコゴミやアケビやホップ
それに山芋は道端にも生えているがいずれも
良いものは山深く入らないと採れない。

これが体力のいるところでいつも座りっぱなしの生活だから
加齢と共に足が動かなくなるが
年2つ上の松っちゃんは山猿の如くとんでもない斜面を
ひょろひょろっと昇って行ってロープを垂らしてくれたりする。
とても75才の人間技じゃない。

立派なワラビがスッスッと立っているのが
目に入るともう嬉しくてしょうがない。

さて次はコゴミ採りにしようとその場所へ案内してくれる。
コシアブラ、タラの芽、1本立ちワラビ、ミズ、ウルイ、ハリギリ、ウド等々
変幻自在にどうにでもなる。

山全体が生き物のように躍動感があり
神奈川の死んだ山とは比べものにならない正に豊饒の山々。

ところが良いことばかりじゃない。
熊と出くわすこともある。
人間と同じでタチの悪いのや凶暴性むき出しのもの。
こんなやからとは係わりたくないもの。

一方穏やかで山のオヤジ然りとしてるのもいるから
全部危険とは限らないがこればかりは運次第。

松っちゃんは車の中に武器をいくつか積んでいる。
小さなものではマムシやヤマカガシも危ないから注意しないと。

2泊3日の入山は楽しい重労働でその後の酒がこれまた楽しい。


001.jpg
行きの関越道から見える谷川岳は残雪がたっぷりでこんなことも珍しい。


002.jpg
親友の花板が経営する変わった店名の「パパサンキュー」
村上へ行く機会があれば行かれるといいでしょう。
もう一つ「割烹 千渡里」も親戚のような所で両店共に旨さは甲乙付け難い。


003.jpg
枯れ草からどうぞ採ってくださいとばかりのワラビ1級品。


004.jpg
タラノ芽


005.jpg
開いてしまったタラノ芽


006.jpg
収穫のワラビ


007_01.jpg

007_02.jpg
コゴミ、タラノ芽。どれも1級品。


008.jpg
灰汁抜き中のワラビ。
ワラビの灰汁抜きのコツは沸騰した湯を少し冷やし灰や重曹を沢山入れない。
湯が冷えたら水にさらすことなどがポイント。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:31 | 神奈川 🌁 | 【旅】−旅行記−新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

カタクチイワシの丸干しは旨い

毎年今頃からカタクチイワシが釣れ出すがこれの丸干しが旨い。

頭と腹わたは取って作りますが漬け汁を
あーでもない、こーでもないといろいろ試しているのだが
今の所これが良いと思われるのが次のような作り方です。

水/10
酒とみりん/各2
塩/1〜1.5
砂糖/2
昆布/15cm角ほど1枚(予め5時間ほど漬けておく)

これに10分間漬け水洗い後ザルに並べて冷蔵庫へ2昼夜で出来上がり。


001.jpg
酒の肴にこれは旨い


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする