2013年03月18日

アカムツが横綱ならオニカサゴは大関か 〜 3月16日釣行

僚船が先日アカムツを釣ってきたので
場所によってはまだ少しはいけるかもなんてスケベ根性出して凪の中
三保沖170m立ちでダボ仕掛けを下ろしたら
おっ、こいつはと期待させる当たりが出て慎重に巻き上げ開始。

何だか少し違うなぁー。
でも何となくそられしく途中で何回かグイグイがある。

Aさんタモ構えてるが水中に見えだしたのは黒くて長いのが。
それも一荷で。

スミヤキ(クロシビカマス)だった。
これはこれで旨いのだが小骨が結構ある。
皮と身の間にジョリジョリした骨を少し厚く皮を引いて処理すれば大丈夫。

再び仕掛けを入れたら今度は間違いないと確信できるシグナル。
途中何度もの引きを堪能し海中に見えだしたのは本命。
それもそこそこの形。
こいつを処理して再び仕掛け投入。

今度も良い当たりで大物間違いなし。
重量あるゴンゴンの引きで水中に見えだしたのはキロ級のオニカサゴ。
毒棘を処理して血抜きをしたら大きなポリバケツの水が真っ赤に。

ダボ仕掛けの威力を十分発揮した一日でした。

底立ちが確実に取れ幹系のない針スは
長い吹き流しの片テン仕掛けだから正に理想的。
捨て糸が細かいから根掛かりでも重りのロスだけで済むし
何より魚の食い気を誘えるから胴突きより有利なことは間違いない。
是非挑戦してみてください。
ダボ仕掛けバンザーイなんてね。


001.jpg
700gのアカムツ


002.jpg
久々にキロオーバーのオニカサゴは1.4kg
こいつは両方共昆布締めでにぎり寿司に


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする