2013年02月14日

車で行く厳冬の北海道(2)〜 マイナス14度の朝

今回の旅で目的の一つは朝の釧路川岸の散策と和食処「絹」での夕食。
行きつけの「絹」は地元人御用達の店でピカイチの食材で
腕利きの板前が造る酒肴は東京銀座あたりの店でも
中々出合えない逸品ばかりで廉価なのも気に入ってる店で
女将さんとの話も楽しい。

さて一夜明け雪も降らず恵まれたが寒さが半端じゃない。
防寒着を着けてる体は持ち堪えられるが手首から指先は冷たさではなく
ピリッピリの痛さでどうにも我慢できない。
厚手の皮手袋をしてるのに。
人間の体で指先に一番神経が集中しているのが実感できる。
写真を撮るのに素手になると指先には感覚がない。

釧路川は流れているのに氷が張ってカモメが乗ってる。
厳冬期に何度も来ているがこんな厳しさは初めてだ。

道路はコッチンコチでスパイク付きの靴でもツルリとなり恐い。
歩幅を狭めて少々前屈みで歩くコツも心得てはいるのだが。
地元の人達はこの厳しさにも負けず朝の散歩を楽しんでいる。

凍傷寸前のような指先はアマダイ釣りの寒い朝
オキアミを針先に付ける時の10倍もあろうかと感じるほど。

ホテルに帰って気温を聞いて驚いた。
どのぐらいだと思います?

マイナス14度だって!

何ぃーっ?!マイナスジュウヨンド!

なるほど合点がいくわ。
湯で手を温めるのが一番だが感覚がなくなっているから
くれぐれも蛇口からの熱湯に注意してとのこと。
熱湯が感じられないほどになっているそうな。

道内の内陸紋別の滝上町ではマイナス30度にもなるから
まだ序の口なんだろうけど、それにしてもねぇー。

翌日はその紋別に行く。
紋別セントラルホテルの和食処も中々の味。

ガリンコ号乗り場のある氷一面の公園にも行ってみよう。


001.jpg
苫小牧から釧路の高速はこんな状態
ここを80kmで走る


002.jpg
釧路川の流れる氷の上にカモメが止まっている


003.jpg
ツルツルの路面


004.jpg
釧路の朝


005.jpg
和商市場内部、勝手どんぶりが売り


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:30 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする