2013年02月06日

村上の山仲間

時々村上は山奥の山菜採りのこと書いてますが
仲間が多種多様で土木工事の総責任者がいたり
白バイポリスがいたかと思うと脳外科医も常連で花板までいる。

村上で江戸時代からの能登新という料理屋がある。
270年も続く老舗の料理屋の花板をしてたA.Sさん。
今では独立して自分の店を持ってるのだが
市内人口は僅か3万人しかいない街なのに毎日毎日入りきれない程の客で
村上では人気No.1の料理屋になった。

もちろん村上に行った時は席を確保してもらうのだが
私が時々書いてる料理に関する記事はA.Sさんの受け売りが結構ある。

例えば煮魚の調味料の調合比率やアルミホイルの落としぶたなどがその類だが
あの世界は未だに閉鎖性は強いから
混み入ったことは中々教えてはもらえないが
山仲間のよしみで随分勉強させてもらってる。

そうそう昆布締め用の昆布があるなんてこともA.Sさんから聞いて知ったことだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:11 | 神奈川 ☔ | 【旅】−旅行記−新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする