2013年02月05日

ヤクザ屋さん

今は知人に譲ってしまったが倉庫業を企んでた時があった。

ある時ヤクザ屋さんが訪れてきた。
物凄い顔付きである。
左の頬から右の頬への刃物の傷が鼻頭を通り
15cmもあろうかと思う程で凶暴性むき出し。

高々と上げ足を組み事務所の机に掛け
ここの○番に入ってる品物を出してくれと言う。
この荷主に貸した金が返金されないので肩代わりにもらいたいと言う。

荷主とも話は付いているから問題ない、開けてくれとしつこく言うが
当然応じる訳にいかずその荷主と一緒に来てくれと応じるが
もちろんそんな事にも応じるはずがなく長い時間粘ってた。
こちらが恐れをなしなんとかなると思ってたようだ。

そんな事に応じる筋合いではない旨の話の中に世間話なども加えて応対したら
こいつはちょっと厄介な奴と見えたのか
また来らー、なんて帰って行ったが、どうぞと送り出し
もちろんその後来るはずもない。

その荷物は法的差し押さえが入って撤去された。

世の中色々あるものだ。
それにしてもおっかない顔付きしてたなぁ。
あんな人種も世の中にいるものだ。
今頃どうしてるかなぁ、あのヤクザ屋さん。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:45 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする