2013年02月18日

鯖根の根が何だか変だ 〜 2月17日釣行

このところアカムツもアマダイも芳しくないから
久々に鯖根のオニカサゴをやろうと
Aさん共々多少わくわくしながら凪の海を走った。

久し振りの場所で久し振りの狙い物の第一投はわくわく感いっぱいなのだが
30程入力してある根を10ヶ所ほど魚探海底拡大で覗いたのだが
半数もの根そのものが無くなっている。

???。

根のある所150m立ちで仕掛けを入れるも
オニの当たりは皆無で外道すらこない。

オツム内がはっとひらめいたのだが
ここ一年間の間にトロールが入ったんじゃないかと。
魚もいないし根も無くなっていることから十分考えられる。

今の底引きは強力な網とハイパワーエンジンで
そこそこの根など崩し去ってしまうほどだと聞くからさもありなんだ。

オニをあきらめ平場のアマダイに変更するも
Aさん共中形が3匹のみで他は例によって天種大漁。
そんなことから写真はありません。

駿河湾を死の海にしないでぇーと叫びたい気持ちになる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:23 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ユメカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

速度低下に注意の看板がある

高速道の渋滞が深刻な問題になってるけど
その主な原因は交通集中と上がり勾配での速度低下だそうな。

ということは後者の方はオートクルーズで解決できる。

ご存知のようにこのメカはアクセルを踏み続けなくても
一定の速度を保ったまま走行できるから
上がり勾配では自動的にエンジンパワーが上がり速度を落とすことなく走れる。
従ってここでの渋滞は起きようがない。

この装置全部の車に付ければ大きく渋滞緩和になると思うけど。
それに何と言っても楽ちんですよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:51 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

車で行く厳冬の北海道(3)〜 ガリンコ号の気の毒な乗客

ホテルパコ釧路は常宿で温泉があり夕食時の絹のすぐ近く。
朝食バイキングの味は中々のものでつい食べ過ぎてしまう。

以前はプリンスホテルを使ってたがパコの方が部屋も広く好みに合って
釧路川岸にあるのもお気に入り。

満ぷく腹で一路紋別へ吹雪の中をドライブ。
阿寒湖の際を抜け北上する国道路面は圧雪状態で真っ白だが
一番走りやすく時速70kmで余裕十分。

道路際にエゾシカ親子がいたりで危ない。
衝突事故も多いらしく注意を促す看板が多くある。
この地方は道東の範囲内で道北同様冬の道路状況は厳しい。

6時間ほどでガリンコ号乗り場のある公園に着いたら
明日から流氷祭りとかの準備をしてた。

ツアー客がガリンコ号に乗船してたが
2月初旬接岸してた流氷は風か潮かで再び沖に流され僅かにしか残ってなく
ガリンコ号の面目が立たずツアー客は氷の無い海面に出て行った。
気の毒なことこの上ないが自然相手だから苦情の言いようがない。
流氷観光は正に運任せだ。

ホテルのレストランは6時からで旨い物食いたさで昼メシ抜きだから
空腹かかえてひもじいの何の。

時間潰しと寒冷地用の肌着を買おうとスーパーイオンに入る。
このスーパーどこに行ってもあるなぁ。
少々白けるが資本集めに長けてる企業は強い。

釣り用のゴム長や防寒衣類は地元で買うのが一番で
住まいの近くでは求められないものが多い。

鮮魚売場は一番楽しいが何せ空腹だから見るもの一つ一つが
あれも食いたい、これも食いたい症候群的な我になる。

紋別の一番お気に入りの常宿、紋別セントラルホテルは部屋も広く
ホテル内レストランの和食料理がとても美味しく
大きなホテルは三軒あって全部利用したがここが一番良いと思う。
初めての利用は25年以上前にもなるがその間良さは変わらない。

今回もレストランの夕食と朝食のバイキングは
相変わらずの大満足を与えてくれた。


001.jpg
流氷祭りの看板も氷で作ってある


002_01.jpg

002_02.jpg

002_03.jpg
流氷のない海面を出て行くガリンコ号II


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:10 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

天種には不自由しないんだけど 〜 2月14日釣行

オオメハタ、ユメカサゴ、カナガシラ、レンコダイ、ヒメコダイ、
トラギス、カサゴ、全てアカムツとアマダイ釣りのいわゆる外道で
こればかりをAさん共々釣ってきて天ぷらにした。

東京の天ぷら専門店で食べたってこれほどの味わいはそうはない。
ただし下ごしらえがチマチマしてて性分に合わないのだが。

今日久し振りに船を出してアカムツを3時間ほどやったが音沙汰無し。
アマダイならどうでもなるべと浅場に移り釣れて当然とばかり始めるが
2人の竿にくるのは上記の天種ばかりで、とうとう終わりまで狙い物はボウズ。

アカムツもアマダイも2〜3艇出てたが見てる範囲ではタモも出た様子がない。
こんな状況だと遊漁船経営も大変だろうなと方向違いのことまで考えてしまう。

駿河湾10年ほど前までは豊饒の海が感じられたのだが
やはり人為的なものが原因してはいまいか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:09 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ユメカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

車で行く厳冬の北海道(2)〜 マイナス14度の朝

今回の旅で目的の一つは朝の釧路川岸の散策と和食処「絹」での夕食。
行きつけの「絹」は地元人御用達の店でピカイチの食材で
腕利きの板前が造る酒肴は東京銀座あたりの店でも
中々出合えない逸品ばかりで廉価なのも気に入ってる店で
女将さんとの話も楽しい。

さて一夜明け雪も降らず恵まれたが寒さが半端じゃない。
防寒着を着けてる体は持ち堪えられるが手首から指先は冷たさではなく
ピリッピリの痛さでどうにも我慢できない。
厚手の皮手袋をしてるのに。
人間の体で指先に一番神経が集中しているのが実感できる。
写真を撮るのに素手になると指先には感覚がない。

釧路川は流れているのに氷が張ってカモメが乗ってる。
厳冬期に何度も来ているがこんな厳しさは初めてだ。

道路はコッチンコチでスパイク付きの靴でもツルリとなり恐い。
歩幅を狭めて少々前屈みで歩くコツも心得てはいるのだが。
地元の人達はこの厳しさにも負けず朝の散歩を楽しんでいる。

凍傷寸前のような指先はアマダイ釣りの寒い朝
オキアミを針先に付ける時の10倍もあろうかと感じるほど。

ホテルに帰って気温を聞いて驚いた。
どのぐらいだと思います?

マイナス14度だって!

何ぃーっ?!マイナスジュウヨンド!

なるほど合点がいくわ。
湯で手を温めるのが一番だが感覚がなくなっているから
くれぐれも蛇口からの熱湯に注意してとのこと。
熱湯が感じられないほどになっているそうな。

道内の内陸紋別の滝上町ではマイナス30度にもなるから
まだ序の口なんだろうけど、それにしてもねぇー。

翌日はその紋別に行く。
紋別セントラルホテルの和食処も中々の味。

ガリンコ号乗り場のある氷一面の公園にも行ってみよう。


001.jpg
苫小牧から釧路の高速はこんな状態
ここを80kmで走る


002.jpg
釧路川の流れる氷の上にカモメが止まっている


003.jpg
ツルツルの路面


004.jpg
釧路の朝


005.jpg
和商市場内部、勝手どんぶりが売り


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:30 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする