2013年01月22日

タペット調整ブレーキ調整

車乗り経験長い方はご存知のはず。

エンジンの吸気と排気バルブの間隔をエンジンを動かしながら
薄っぺらな金属板を使って調整するのだが
この金属板は板が扇状の束になっていて
それぞれの厚さが違う板をタペット上部に差したり引いたりしながら行う。

あっ、そうか、これ見たことない人に文章で説明してもわからないか。
そうだろな、50年も前のことだもんな。

それとね、ブレーキ調整も頻繁にやらないといけなかった。
当時はスチールホイールしかなかったが、そこに小さな穴が空いていて
そこにドライバーの様な工具を差し込んでカリカリと回して調整してた。
これをしないと踏代が深くなって甘くなってしまう。
その後はブレーキを踏みながらバックすると
自動的に調整できる優れ物が発明された。

とにかく車とは手間のかかる代物だった。
今の車は買ってから手放すまで
自分でエンジンフード開けたことない人すらいるのだから車は進歩したものだ。

3万kmも走ればガタガタになったのが今では50万kmだもんな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:06 | 神奈川 ☔ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする