2013年01月14日

手前船頭で1,300回釣行

今年に入って6回目の釣行が済んだ。
随分ピッチが早い。
一日置きに海へ出たことになるけどその合計回数1,300回になった。
14年目に。
平均年間93回になる。

1,200m立ちのベニアコウから5m立ちのシロギスまで
底物中心に船を操ってきた。
その間アコウやオニカサゴ、アマダイ、アカムツ、
石花海は300m立ちの大形ユメカサゴ、それにヒラメやマゴチと
多種な魚に楽しませてもらったし
時にはマダイやアジ、それにルアータチと
そのうち魚供養でもしないといけないなと思うほどに。

その中で100〜150m立ちのアマダイとオニカサゴが一番性分にぴったり。
手持ち竿で駆け引きできるから。

しかしこれらは資源の枯渇が感じられるようになってきてるから
この先どうなることか。

だが何としても心躍るこの沖釣りを次の代にも引き継がせたく
そんな思いと共に1,301回目の沖へ船を出す。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:55 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする