2013年01月12日

技術とポリシーを持った食品会社の作る製品

いくら食べても毒々しさが感じられず
本能的にわかる味には化学調味料の嫌らしい味がしないのに
気付いて原材料名を見ると化学調味料が入っていない。
それでおいしい。
しかも100円。

作ってる所はイトウ製菓株式会社。
ビスケットを主力商品としてる会社で何かこだわりでもあるのだろうか。
化学調味料の助けを借りずとても美味しいビスケットを作る技術を持っている。

一方こちらはいただき物だのだが
北海道は羅臼にある有限会社惣万水産の作るむしりたら。
原材料名、羅臼産たら塩。
これだけ他に防腐剤も着色剤も、もちろん化学調味料ごときは表示されてない。
しかも後を引いていくらでもビールのつまみになる。

原材料の吟味力と製造技術の高度さがあれば何もおかしな添加物を使わなくても
本当の旨味は作り出せることを証明してる2品を紹介しました。


001_01.jpg

001_02.jpg
100円のビスケット。しかもたくさん入ってる。


002_01.jpg

002_02.jpg
むしりたら。見事な塩だけで作り出した味。
添加物全くなし。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:09 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする