2012年10月26日

珍魚 〜 10月25日釣行

アジ科の魚イトヒキアジ。
ご存知でしょうか。

成魚は30kgにもなるらしいが
湾内では20cmそこそこの幼魚だが滅多に釣れない。
長く釣りをしてる間に今回で3匹目だからしごく珍しい魚。
小さくても丁寧に刺身にすればおいしく食べられる。

昨日の朝は遅く出港したので実釣時間が5時間足らず。
相変わらず魚影は極端に少なく
Aさん共々マルアジの大きいのを5匹のみで鯛は出なかった。


001.jpg
鰭の先端が糸のように長い。
成魚になると短くなる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

東の空に日が昇る 当たり前だけど

時々見事な朝焼けの空にこれまた見事なエンジ色の太陽が昇り始める。
これが1月1日なら有難がるんでしょうね。
初日の出とかで。
実際には毎日繰り返されてることなのに。

12月31日は“最後の日の出”なんてどうでしょう。

しかし日中の釣り時の太陽はあんなに眩しいのに
朝日だけはそれがなくとも柔らかくやさしい。

やはり“できたて”は違うのかな。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:23 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

人材不足

野田佳彦さんは内閣の人選時、どんな基準を持ってしてるんでしょうね。

昨年11月だったかに鉢呂吉雄さんという確か経済産業相だったかが
一ヶ月もしないうちに辞任せざるを得なくなったり
自殺する大臣を出してしまったり。

そしてまた田中慶秋法務相がこれまた3週間で辞めさせられたりで
何だか滅茶苦茶の様相を呈している。

おおよそ人間の顔付きなんてものは歳を重ねれば
今までの生き様や内心が現れるってもんでしょ。
今度の田中さんはどう見ても素人かたぎのそれに見えるかしら。

野田さんにしてみればこれがベストと考えての人選だったんでしょうね。
とどの詰まりは自身も含め日本の政治社会は人材不足に見えるがどうでしょう。

そんなことだから大局的に国際社会に対応出来ず中国や韓国に振り回され
日本をコントロールしてるアメリカさんだって呆れてるんじゃないのかな。

尖閣諸島問題ではそんなもん追い払えばいい、
なんてノーテンキなこと言ってる慎太郎さんぐらいのレベルしか
持ち合わせてないのが政治屋さん業界だから致し方ないのか。

民間人の中には素晴らしい人達がいるのに残念なことこの上ない。


001_1.jpg

001_2.jpg

001_3.jpg
体たらくを伝える新聞


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:53 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

車で行く北海道(4)〜 知床半島の紅葉を見に行く

峠の景観に十分満足し、下り終わった所にあるオシンコシンの滝は有名。
ちょっとだけ見て一路紋別へ。

常宿は紋別セントラルホテルなのだが
今回は異なるホテルを使ったが不満足だった。
やはりセントラルホテルが食事も部屋も良く温泉もあり一番良いのでは。

ここは流氷船ガリンコ号が活躍する真冬が一番良い。
一度は乗ってゴマアザラシ、オオワシ、オジロワシなどを見ると醍醐味がある。

外で夕食をと思ったがここは知ってる店がない。
常宿のセントラルホテルは和食レストランが気に入ってるので
外で食べる必要がなかったから。
この日は不満足な食事で我慢。


001.jpg
オシンコシンの滝


002_1.jpg

002_2.jpg
紋別のイオンで買った防寒ゴムの長靴。
寒冷地でこそ良いものがある。
冬の釣りにはぴったり。
中もふわふわで。


次回に続く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:58 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

乳白色の海 〜 10月21日釣行

台風が連続したためか潮色が乳白色で良くない。
魚影も乏しく海中は寂しそう。
小さな反応を相手にせざるを得ず渋いのなんの。

僚船が鯛場に行ったがだめだったと船を近づけて教えてくれた。
それもそうだろう、30艇以上入ってたであろう鯛場の船も
10時頃には霧散してた。

その一部が当ポイントに入り賑やかではあるが果たして釣果の程は?

25〜35m立ちを攻めるのだが浅場はショウサイフグやシロサバフグばかりで
仕掛けはAさん共々ぶつぶつ切られロスが多い。
いい加減あきらめ航路の40m立ちに移動。
反応はぼつぼつあるがこれも今一つ。

ソコイトヨリではなくイトヨリの良形を一荷釣りでAさんが仕留めたが
マリーナに帰って僚船の釣果の中にこれまたでかいイトヨリ。
この魚は高級魚ですからね。
一般には釣り魚でこれだけ大きなものは料理店に行ってしまうだろな。


001.jpg
船頭は何とか面目を保って四目釣り


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:13 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする