2012年10月31日

おみやげ(2)

前回ジャガ芋や玉ネギのこと書きましたが今回生ものについて。
やはり北海道を例として。
北海道ばかり書いてますが全国的に共通すると思います。

函館には有名な朝市があり良心的な店もあるけれど
ご存知のように観光客相手がほとんどで
“旅慣れてる人”はあまり行かないでしょうね。

函館でも地元の人が利用する「中島廉売」(なかじまれんばい)や
最近やや観光客相手もしてるが「自由市場」がある。
こういった所は良い商品が安く買える。

道内の主だった街には観光客相手ではなく
地元民の台所に直結した市場が一つや二つはあるものだ。

一つの目安として観光バスなどが入っている所はパス。
釧路の「和商」は観光客と地元民共利用してるようだ。

小樽なら「新南樽市場」(しんなんたるいちば)がお勧め。
全部あげるときりがないが、とにかく観光客の知らない市場が何より。

小さな漁港巡りをしてると漁から帰った漁師から

  「少し持ってくかぁ」

なんてことがあるが何たってこれが一番だけど
持ち帰りようがないのが誠に残念。

いつも行く店で生ものはまとめてクール便で送ってもらうことにしている。
長い付き合いだし品物は間違いないしね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:09 | 神奈川 ☀ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

アマダイの話を聞かない

昨年以前は10月に入ると釣れ出したアマダイ。
今年はもうじき11月だというのに
アマダイのアの字も聞こえてこないのは何故だろう。

少しでも気配があれば試し釣りぐらいには行こうと思うが
未だアジだのタイだのを相手にしてる。
もう近々だとは思うのだが・・・。

オニカサゴも気配がないなぁ。
これ駿河湾の状況だけどやはり海が変?
水温も下がらないし。

それとアマダイの稚魚も着底生活するまでの間は中層生活というから
当然シラス網の餌食になっていることは想像できるから
シロギスやタチウオと同じ惨状にならないといいのだが。
水温が17度ぐらいになったら一度試してみようと思う。

昨年の釣行日誌を見ると10月中旬には3kg、4kgと釣果があったのに。
いくら何でもアマダイが食べられないなんて考えたくもない。
昆布締めの味など思い出すと待ちきれなくなるもの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:33 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

マルアジの造り 〜 10月27日釣行

快晴の土曜だというのに鯛場の船影は少なく10時を過ぎる頃には見えなくなる。
そのうちの一部がこちらの方へ移動してくるが
ここだって良くありゃあしませんよ。

小さな反応が思い出した頃にはぽつりと現れ次が続かず釣れてくるのは
シロサバフグばかりで仕掛けもぶつぶつ切られたり
針スに傷をつけられたりで散々だ。

クロサバフグは危ないがシロサバフグは無毒という。
しかし食べる気はしない。

Aさん共々マルアジのでかいのをおかずぐらいは確保できた。
これ捌いてみるとほとんどの個体の腹の中に
白子のような脂肪の塊が入っており
包丁に身がまつわり付き刺身にしたら絶品の感じ。

マルアジはあまり刺身にはしないのだが今回は自信を持って造ってみたら
切り口は角が立ち艶が出て旨さは案の定脂が乗って
ぴかいちで良い酒肴になった。


001.jpg
これで3kgちょうど


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:45 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

おみやげ(1)

車旅を度々しているとその都度何らかの土産物を買い込むことになるのだが
生ものは別として、たいがいの物は車に積んで帰ってこられる。
例えば10kg入りのジャガ芋20箱なんてのもわけなく持ち帰れる。

この土産物についてのうんちくを一つ。
北海道に例えて書きます。

国道を走っていると農家の入口に掘りたてのジャガ芋がありますとか
玉ネギありますとかの看板が目に付く。
昔はこういう所で買ったりしてたが今は大手スーパーを利用してる。

生産農家直の方がなんだか廉価で品物にも有り難さを感じるが
国道を走っていると車と農家は所詮一時だけの出合いで
まずリピーターにはならないから
悪く言えば足元を見られ高い買い物になることがある。

一方スーパーは地元客相手が主だからおかしな商売はできないことと
仕入れのバイヤーは専門知識豊富でまず粗悪商品は仕入れないし
価格面も出来る限り兼価にしないと買ってくれないから
良い品を安く提供することになる。

こんなことから土産物はスーパーで買うことにしている。

次回は生ものについて。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 15:40 | 神奈川 ☔ | 【旅】−旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

車で行く北海道(5)〜 知床半島の紅葉を見に行く

紋別から小樽へ向かう。

国道273号にある道の駅「香りの里たきのうえ」は大好きな所で必ず立ち寄る。
地場産業のものが豊富でハッカを売っている。
風呂に入れると独特の香りがする。

前回ここで高価ではないが気に入った大皿を買って使いやすく大活躍してる。
で、またまた中ぐらいの気に入った皿があったが1枚しかないという。
そしたら女性スタッフが作家が近くにいるので紹介すると言うではないか。
実にいい話で早速電話をしてもらい地図を示してくれた。

何てこたあない道の駅から5分とかからない所で
作家本人が道路に出て待っていてくれた。
とても良い人で焼物の話が弾んで楽しいひと時を過ごし
作って送ってもらうことになった。
車旅のこんなことこそ醍醐味の極みだ。

何処まで行っても一直線の国道は北海道ならではだが
事故が起きると死亡率が高い。


001_1.jpg

001_2.jpg

001_3.jpg
こんなにも一直線な国道は道内にあちこちにある


002.jpg
お気に入りの道の駅


003_1.jpg

003_2.jpg
紹介してもらった流氷焼の窯元展示品


次回に続く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:13 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする