2012年09月15日

歴史は繰り返す?いつかきた道?

余りにも酷い大阪市の行政に懲り懲りした市民は橋下市長を選んだ。

そして今度は国民の多くが
とてつもなく酷いと感じてる国政に大挙して進出するという。

つまり大阪市の行政も今の国政も橋下氏には願ってもない状況。
悪く言えばそれらを足掛かりにして地位を築き上げるやり方。

今度の国政は民主党も自民党も国民の多くは支持しないだろうから
こんなチャンスはない。
それらの受け皿的役目で国政を左右するほどの勢力になりかねない現状だ。

しかしこの人でいいんですか?大丈夫なんですか?

一時は多くの支持が得られるかも知れないが
この人の本質が強く表れ始めた時
民主党や自民党の方が少しはましだったなんてことにならないといいのだが。
もし騙されたとしたら騙されるのも罪と伊丹万作も言ってますね。

選挙の投票はその人の思想や信念、
いわゆる人間性を鋭く見抜いて行いたいものです。

今までの政治屋さんとは全く異質ではないですか、この人は。
それだけに底知れぬ怖さが潜んでいませんかね。
思想的に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:06 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする