2012年09月11日

原発なしで生活が成り立つこと人々は認知しだした

産業界も人々の生活も大飯原発再稼働をしなくても
知恵を巡らせば十分こと足りることをこの暑い夏が証明した。
とどのつまり54基もの原発建設は一体何だったのか。

前にも述べたが中曽根康弘、正力松太郎、田中角栄の懐を
潤しただけではないのか。
巨額なブラックマネーが動いたこと当時の報道にあったように記憶するが。

結局は元々原発は一基も必要としなかったのを
あーでもない、こーでもないとあたかもこれがないと
国が回らないようなこと発表しておいて
とうとう化けの皮が剥がれてしまった。

この狭い国内に54基とは異状を通り越して気違い沙汰以外何物でもない。
一体これらを今後どう始末するのでしょうね。
国内ではとてもじゃないが今後の新規需要はあり得ないから
外国に販路を求めるだと。
これじゃ白いインベーダーと同じスタンスではないか。

外国でその原発事故があれば
当然輸出国が膨大な賠償をする羽目にもなりかねない。
これまた国民の負担になる。

ね、もう良い子だから原発から手を引きましょうよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:03 | 神奈川 ☀ | 【燃】−原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする