2012年09月10日

もーほんとにこのサメが! 〜 9月8日釣行

五目釣りポイントは三保沖に広範囲に点在するから
ここが駄目ならあっちあっちが駄目なら向こうと
どこかしらで反応は出るからこの釣りに関してはまず“おでこ”はない。

そんなことで今日もワクワクするような魚影を見付け
Aさんに仕掛けを入れたらすぐ来るよと言ってたらその通りに。
今日も大漁だぞ、なんてニコニコしてる。

ところが少し経つと横取りのサメ被害が多発。
全くもーっ。
ブツブツ言いながらやってるも掛かる魚の半分以上はやられる始末で
1m以上のが船の周りにいついてるのが見えて
こりゃあだめだとサメについてこられないよう
船のスピードを上げて他を探すが芳しい所がない。

というより全く反応が出ない。
どこを探してもだめで仕方なく元のポイントへ戻るとサメはまだいる。

魚が掛かって暴れるとその振動だかが水中を伝わり
サメに気付かれやられるんじゃないかと思い
バラシ覚悟で早巻きすると何とか被害が少なくなるようだが
釣果の半分は取られてる。
こればかりは何ともしようがない。

魚は掛かるが取り込めない。
水中銃でもあれば上から撃ち込みデッキに上げて殴り殺したくもなる。
例の“怪魚”も3回ほど五目仕掛けにかかるも
何となく億劫で仕掛けを変えることはしなかった。

しかしこのところいい凪だ。


001.jpg
イナダ、ウマズラ、カサゴ、ゴマサバ、マルアジ、マルソウダの六目釣りに。
マルアジはマアジと比べると鱗が多いですね。
マルソウダはナマリブシと同じ様に煮て食べると旨く
捨ててくる人は勿体ないですね。
干物もいけます。
Aさんも同量ほど。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:47 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

マダイの骨こぶ

マダイの尾鰭寄りの骨にこぶ状がある個体のこと以前から予備知識はあったが
実際に見たのはこれが2回目で漁師や板前が旨い鯛だと言う。

旨さで評判の鳴門鯛に多く見られ
ひと味違うと書いてあるのを何かの書籍に書いてあった。

今回も昆布締めで食したが旨いには違いないが
他の個体と比べて果たしてどうなんだろう。
いずれにしても珍しいとのこと。

この丸い部分は異常に固く沢山集めてネックレスにした人もいるようだ。


001.jpg
骨にできた丸い部分


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:09 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

マダイの焼き魚

素人の焼き魚は難しい。

業務用のボックス形のオーブンでもあれば
強火の遠火が上下から可能だから化粧塩もきれいに出来上がるが
家庭用では火が近すぎてうまくいかない。

それを承知でこの前釣ってきた600gのマダイを焼いた。
旨かった。
見てくれはいまいちだが仕方ない。

でもマダイのしかも刺身になるのを塩焼きですからね。
贅沢この上ない。
釣り師でなければ敵わないことだ。

薄く振り塩をして焼き上がった身にポン酢をかけて食べたら
ほっぺた落っこちて付け直して食べた。

さすがに600gは一人では食べきれずかーちゃんと半分ずつ食べた。
かーちゃん曰く
「あら煮が美味しいんだから煮魚にしてもいいんじゃない?」と。

よし次は煮魚を作ってやるか。


001.jpg
化粧塩が少ないと鰭は焦げてしまうが旨かったぁー
大皿は三上 亮さん作陶


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:33 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

またしてもあの怪魚が 〜 9月6日釣行

このところ凪には恵まれていたが質の悪い大潮に悩まされてきた。
この日は中潮で素直な潮流だったから操船も手こずらず楽な一日。

ところがまたしてもあの針スぶつぶつの怪魚がお出ましで
そーれおいでなすった、と用意してた竿とパワーのある電動セットに
12号針ス11号鯛針の強力助っ人の投入。

ドラグ調整を強目にしたシーボーグ500MTをパワーレンジにしてある。
針スが太い為、簡単には喰ってこないがやっと喰った。
今度ばかりはデッキに上げてやるぞと戦闘開始。

Aさん手たたいて喜んでる。
姿が見られる期待大だからね。

やはり半端じゃない。
パワーレンジの電動はぐるっぐるっと確実にラインを短くしていくが
とんでもない引きと突っ込みを味わされる。
あっという間に折角苦労して短くしたラインが20mも出てしまう。
元の木阿弥とはこのことだ。
また初めからやり直し。

それならと12号針スを信じてドラグを締め応戦。
ゆっくりだが確実にラインを巻き上げるが突如猛烈な暴れ。
何とか凌ぐ。
Aさん隣にきてハラハラ観戦してる。

この猛烈な暴れと突っ込みを3回受けた時針ス切れに。
残り20mが何ともならず虚脱状態。
全く同じシーンが3回あった。
完全にパワー負け。
18号針スをと思ったが戦闘意識喪失。

Aさん共々釣り上げられなくてもいいから
姿だけでも見てみたいの願いは叶わなかった。

あとはカジキ用の仕掛けでも使わないとだめかもと本気で思った。
二人共残された宿題。
そのうち何とかしてやるぞ。
どう考えてもサメではなさそうだし。

釣果の方は“六目釣り”。
沼津でやってた時度々釣ってたホウセキハタが混じってたのは意外だった。
白身が締まった旨い魚だ。


001.jpg
怪魚をAさんが掛けた


002.jpg
マルアジ、ゴマサバは何れも良形
カイワリ、イナダ、チダイ、それにホウセキハタの6種でAさんも同種同量程


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:25 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

それにしてもあの大物は何だったんだろう

大物が掛かり針スをぶちぶち切られたり針をのされたり
電動が悲鳴をあげて止まってしまったり。

たかが40m立ちでのリポートを8月23日25日の釣行記に書いたけど
その後2回の釣行では全くその現象がなく気持ちのもやもやが晴れない。

9月2日釣行時に釣り上げたナヌカザメは
150m立ちから同じ電動ハイパータナコン400FBeで余裕をもって釣り上げてる。
10kg以上ある個体だ。
それを考えるとまたまた何だったんだろと深く思案に暮れてしまう。

今船内にはアルファタックルの強靭な竿と
500メガツインの電動セットが用意してあり
針スも12号と18号がスタンバイしているから今度きたらこいつを使って
何が何でも姿だけでも見てみたい。

その折りには事細かくリポートしますね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:29 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする