2012年09月20日

沖釣りの悩み

前にも書きましたが岸から1マイルと離れてないところで
せいぜい40m立ちの釣り場の潮流がとんでもなく“グレ”てる時があって
強烈な2枚潮、しかも風向と直角に交わってる、なんて時がある。

こうなるとスパンカーと舵で最大限調整してもラインは真っ直ぐ入らない。
少しも楽しい釣りにならない。
一方無風状態で船の向きが定まらずこれもラインが真っ直ぐ入らない。

自然相手に注文つけても仕方ないが理想を言えば
潮が素直で風速3〜4m程、これがベスト。
魚が釣れるか否かよりこの辺の悩みは尽きない。

潮が素直でない時にオニカサゴのような根を釣る場合
これはもう根掛かり頻発で釣りにならず、

もぉションベンして帰ろぉー!

てなことになる。
こういう日はとても貧果でおかず確保ぐらいがやっとできる程。

沖釣りは悩みが尽きない。
もちろん楽しさの方が遥かに大きいけどね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:44 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

怪魚の正体はホウライザメか?

一目でいいから海面でもいいから
姿を見てみたいと思うとてつもなくパワーのある怪魚。

いろいろ調べているのだがもしかすると
メジロザメ目のホウライザメの可能性がある。

砂地の浅場にいて2m150kg以上になるようだ。
針スの切れ口も角が立って鋭い歯で切られたようなことからも想像できる。
そうであったら20号の針スでも切られてしまうのは当然で
実際に目視してないから憶測の域を出ないのだが。

キハダマグロの可能性も捨てきれないがそうだとするとこれ程長い間
同じ場所に留まるだろうかとも思う。

或いはシロシュモクザメの可能性もある。
これも浅場に居付いて3m以上になる大型種だ。

何しろ一目見てみたい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:16 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

サメもお留守で八目釣り 〜 9月15日釣行

五目釣りとは何とも楽しい語感の響き。
何が釣れるか分からないわくわく感満載の釣り。
それを更に通り越して八目も魚が揃った。
楽しくない筈がない。

まずマルアジでしょ、ゴマサバとマサバ、チダイ、
ヘダイ(何となく匂ってきそうな名前だが旨い魚)、カイワリ、シイラ、
それにおちびさんだがシーズン初のアマダイまで八目釣りになっちゃった。

オニカサゴに後ろ髪引かれながらだったのでこっちもそろそろ何とかしないと。
ただし底引網が懸念されるけど。

この日一番よかったのは怪魚も横取りサメにも全く出会わなかったことで
20組も用意してきた仕掛けを2組しか消耗せずに済んだ。
前回南寄りだったポイントは今日は北がよかった。

この釣りは多くの船がアンカーを使っているが
ダボハゼ丸はいつもスパンカーを張っての流し釣りをしてる。
どちらが良いのだろうか。

Aさん共々ほぼ大漁で船からクーラーボックス降ろすのにあまりの重さに

  「フォークリフトいるぞ」

なんてAさん。


001.jpg
サメがいなかったので落ち着いて釣りができた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:43 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

五目釣りの主役マルアジ

このところ五目釣りの主役はマルアジが多く
釣行毎釣果があって食べ続けてきてるので少々飽きてきた。
この魚やはり食味はマアジに負けるようだ。
特に刺身や昆布締めのように熱を通さない食べ方に言えるので
フライや塩焼きなどが適しているみたい。

いつも釣り上げてすぐマアジかなと尾鰭近くの小離鰭の有無を確認するのだが
体形でもその高低でおおよその判断はできる。
しかしマルアジのポイントにマアジが混ざる確率は低く
滅多に混じって釣れてこない。

同じ大きさでも体高の差がありいわゆる巾の広い個体の方が生食向きで
丸味が強いのはフライや干物向きに思われる。

駿河湾では9月現在釣れ続けているが白子や卵を持っていて
脂も乗り味は上々だが
これも個体差があって三枚におろして身の色を見ないと何とも言えない。

釣り上げ時は引きが強くマアジに勝る楽しさがある。
大きいものは40cmになり
これがマアジだったらなぁーといつも思うことしきり。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:37 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

豊かな海が戻るように知恵を出し合わないと

今季駿河湾西部のシロギスも満足のいく釣りにならず終わってしまった。
果たして来シーズンはもっと酷いことになってなければ良いのだが。

それとね、ちょっと気味の悪い状況なのだが
キス釣りの筆頭外道メゴチが全く釣れなくなってる。
何故だろう。
天種に最高の材料なのだが。

それとタチウオもおかしい。
富士川沖にも大した群は居ず
キスとタチ釣りの遊漁船は商いになったのだろうか。
我々の立場とは訳が違うしなぁ。

前から書き続けていますが
シラス漁と底引き漁を3年間禁漁にしたら少しは豊かな海が戻せるはずなのに。
個々の漁業組合では何ともし難いだろうから
行政におつむの切れる人が出てきて音頭を取らないと解決しない問題だ。

我々のように釣れなけりゃ釣れないで仕方ないとあきらめるが
遊漁船を含めた漁師はそうはいくまい。

真綿で自らの首を締め続けてもいられまいに。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:35 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする