2012年08月16日

だまされることも罪

伊丹万作(いたみまんさく)1900年1月〜1946年9月の短い生涯で映画監督。
伊丹十三の父親。

この人が「伊丹万作全集」(筑摩書房/1961年7月初版)で
戦争責任者の問題中、次のように記述している。

多くの人が今度の戦争でたまされていたという(略)
だまされるということもまた一つの罪であり
昔から決していばっていいこととはされていないのである(略)
「だまされていた」といって平気でいられる国民なら
おそらく今後も何度でもだまされるだろう。
いや現在でもすでに別のうそによって
だまされ始めているにちがいないのである。

何と50年後の現在の様々な状況を予言しているかのようではないか。

政治にだまされ経済にだまされその上原発にだまされ
何てこたあない、だまされ続けているではないのか。

だまされることも罪なら何としてもだまされないよう
私達が賢くならないと。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:49 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

本物の芸術作品

同じ酒を吞むのに100円ショップの器と作家物の器と
どちらも同じ様に用は足せるけど少しでも焼物に興味を覚えると
自分好みで満足を与えてくれる器に目がいってしまう。

すると少しずつでも目が慣れてきて、より上の物を求める欲求が生まれ
それが楽しさへと繋がっていく。

これ絵画にも同じ事が言えますね。

そういう人達がいるから作家も
より以上良い物を作り出すべく研究や努力を惜しまない。

絵画にしても焼物にしても“本物の良い物”を一点だけ持っていると
その芸術範囲の物を自分の持っている物で
一つの基準としてとらえることができるから
その一点はできるだけ優れた物が良い。

つまり本物を見る目ができるとそれ以下のものが分かるようになるが
その反対はあり得ないから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:17 | 神奈川 🌁 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

マサバとゴマサバ

近頃五目釣りを頻繁にするが主な狙いは大アジと大サバで
タイがきてもこれはこれで嬉しいが、どうしてもと願うことの程ではない。

いつものポイントはアジやサバにしても
大きな群は見当たらないから大釣りはできない。

広範囲に点在するポイントの潮上から船を流し
いわゆる拾い釣りでアンカーは打たない。

魚の群と流れる船がタイミング良く出逢ったところで
コマセを振るやり方だから5mほど離れたバウで竿を出すAさんにその都度

  「出たよ−!」

と知らせることになり、同時にコマセを振ると大体が同時にヒットするのだが
大サバが掛かれば両方で横走りするから5m離れていても
“賑やかなオマツリ”になる。
大事に取り込みたいから強引には巻き上げられず尚更オマツリになる。

大アジだって一丁前に横走りするし
こちらは口元が弱いから慎重にならざるを得ない。

ところでサバを釣り上げた一瞬はゴマ模様がなく
マサバかなと見間違うことがあるが
少し経つと現れてきてゴマサバと分かる時がある。

いずれにしても今では高級魚でそんなことより
とにかく食べて旨いのだから大事に血抜き活き締め後
頭とはらわた取って貴重品扱いで持ち帰ることになる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:18 | 神奈川 ☔ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

小鳥ちゃんスピード注意

ヒヨドリ、メジロ、スズメ、アカハラ、それについ最近ツバメまでが。
居間のガラスにぶつかって絶命した小鳥たち。

ツバメはきっと今頃子育て中だろうに
雛たち片親の運ぶ餌だけで足りてるだろうか。

ガラスが透き通っているから見えずに衝突する。
当たる角度や速度によって脳しんとうだけで済むのもいる。

ぶつかった時何が起こったのか分からず地面にへたり込んできょとんとしてるが
そのうち正気に戻って飛び去るのもいる。

こんな時あぁ良かったと胸を撫で下ろすのだが
何かぶつからない方法はと思い孫が粘土細工で作った魚などを
全部のガラスに貼り付けてみた。

これでいくらかでも違うかな。
ガラス張りのビルがあるけどやはりぶつかるようだ。

小鳥にとっちゃえらい災難だ。


001.jpg
室内からもガラスが分からない。


002.jpg
小さな粘土細工を散りばめて貼り付けてみた。
小鳥ちゃん達気を付けてね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

五目釣りが八目釣りに 〜 8月10日釣行

八目釣りなんてそう滅多にできることじゃない快挙をAさんやってくれた。

チダイ、マアジ、ゴマサバ、ソコイトヨリ、ウマズラハギ、マルソウダ、ハタ
それにワラサと。
クーラーの中賑やかなこと。

今日も凪倒れが心配される誰もいないお宝ポイントで、のんびりと試合開始。
何が釣れるやらと。

この日も大した反応は見えず時折ちらちらと出るぐらい。
出たらAさんに

  「出たよー!」

と言いながらコマセを振って今か今かと竿先を凝視する。

間もなく6:4調子竿アママルの半分ほども海中に突き刺さり
そぉーらキタとばかり釣り師の一番楽しいラッキータイム。
Aさんも同じことやってる。

このポイントは埋もれ根だか礫の固まりだかの低い根が砂泥地に点在し
キロ級のマダイや大型のマアジとサバが時には寄っていて
タイミングが合えばおもしろい釣りができる。

早朝の誰もいないポイントで賑やかな反応でも見つけようものなら
飛び上がらんばかりの喜びでやりたい放題。

もうその時点でオツムは刺身がちらちら。


001.jpg
船頭は四目釣りで大サバが嬉しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:53 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−根魚五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする