2012年08月21日

素手を守るために

前にもちょっと紹介したことあるけどゴム手袋。
これ絶対いいですよ。
釣行の必携品と言っても良いほどで是非お勧めしたいです。

8月8日の記事写真にもあるようにいろいろ活用範囲が広い。
特に真冬のアマダイ釣りには欠かせない。

手を入れるところが広いのが使いやすくホームセンターでいろいろ売ってる。
少々の棘は凌げるし寒い冬場に魚を掴むのに良い、
血やぬるが付いてもはめたまま手を洗う要領でやればすぐきれいになる。
Aさんも手放せなくなってるみたい。

こんな良い物使ってる人あまり見かけないけど一度使ってみてください。
ダボハゼ丸お勧めアイテムです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:20 | 神奈川 ☀ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

何も足さない 何も引かない

釣ってきた大きなゴマサバを3枚におろし
塩も振らず何も味付けせず素焼きにするだけ。
この焼き上がった熱々の身にポン酢だけふりかけて食べてみた。
これがめっぽう旨いの何の。

かーちゃんはサバはこうして食べるのが一番美味しいと言う。
釣ってきたサバはむしろこんな素朴な食べ方が一番かもしれない。
一度やってみてください。

サバの不思議なことは何にして食べてもその時は
あっ、これが一番旨い、と感じることだ。
それだけ素材そのものの旨味が凝縮されているということか。


001.jpg
焼きたての熱々にポン酢をかけただけの素朴な食べ方。旨い!
皿は三上 亮さん作陶


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 01:15 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

スーパーマーケットの激戦地(2)

三方を山に囲まれ一方が相模湾に面した小さな足柄平野。
114平方km内の6市町の人口数約29万7千人。

昨年12月に記述したスーパーマーケットのことまた書きます。

余りにも多くの店舗数で前回に数え落としたものと
新たに開店した分も含めるとこれまた確たる数ではないのだが32店舗はある。

29万7千人は世帯数にして約9万8千ほど。
これを32店舗で争奪戦を繰り広げていることになる。
国内でどこを探してもこれ程高密度の所はないのでは。

人口数に対する1店舗の割合は業界の計算式もあるのだろうけど
激戦地以外何物でもないように思う。

昨日はあっち、今日はこっちと相変わらず主婦は
自由気ままなスーパー選びができて楽しいだろな。

かーちゃんに話したら、そうよ選り取り見取りよ、だって。

それにしても素人が見たってよく採算成り立つなぁと思うし
小田原市内は増々寂しくなるな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 06:53 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

根魚(底もの)と回遊魚

沖釣りを始めたのは根魚をやりたかったからと
ダイビングをしてた時も根が主で
多少ともイメージが描け様子が想像できるから。

オニカサゴ主体に10年以上やってきたが随分楽しい思いをさせてもらった。
駿河湾も当時はまだ豊饒の海だったがこの10年で本当に変わってしまった。
漁の規制管理が根本的に稚拙だったからに他ならないし今もそれが続いている。

小さな根ならいとも簡単に崩し去ってしまう強力な網と
動力のトロール(底引き漁)と計り知れない程の稚魚と共に細かい網に入る魚。
いわゆるシラス漁。

駿河湾は間違いなく枯渇の海へと突き進んでいるようだ。
だから以前ほどには根魚への期待が持てなくなった。
その点回遊魚は他から移動してくるのだから
根魚ほど顕著な現象は見られはしないが総量はこれも確実に減少してる。

しかし私達の沖釣りには根魚類より少しはましだ。
それに何より回遊魚は魚探に写るから確実性が高くなる。

根魚は海底地形で判断するしかないので難度は異なる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:49 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

嫌われものマルソウダ 〜 8月16日釣行

安倍川沖はルアーのタチウオが良さそうだけど
富士川沖はどうしちゃったんだろう。
シラス網で取り尽くしてしまったんだろか。
キスも早々に終わってしまった様子だし。

いつもの近場の五目釣りポイントへ。
Aさんと今日は何が釣れるのかなぁ、なんて話をしながら外堤防を出てしまえば
ものの5〜6分でポイントに入る。

大した反応は出ないが潮上から流せば
小さな反応に巡り合えそうなのでのんびりやるかと。

ぽつんぽつんと鯛らしき反応で真上に乗ったら例によって
6:4調子アママル1.8竿が半分ほども海中にグッググーンと突き刺さった。
誰が見ても鯛の当たりでそれーっとばかりやり取り開始。

程良い調整にしてあるドラグが滑ってラインが出ていく程の引き。
Aさんタモを持って横で構え、こりゃあデカイぞと。

強烈な真下への引きを何度も“100mm腕クッション”でかわし
水中に白い魚体が見え出した。

予想通りデカイのがタモに入った。
1.8kg食べ頃サイズだ。
続いて900g。

Aさんはでかいマアジを次から次へと釣り上げている。
鯛よりいいなぁ。

そのうち反応も全く出なくなり南東が6mほど吹き出し興津沖へ転進。
ここでも良い反応が出るがマルソウダのラッシュ。
お馴染み嫌われものの代表格。

ところがきちっと血抜き活き締めして持ち帰り煮魚にしたら
鰹のなまり節に勝るとも劣らないほどの実力。
Aさんもそれを知ってるからきちっと取り込んでいる。
捨てていく人いるけど持ち帰る価値大いにありですよ。
今の時期型もそこそこだし。

次もまた同じ釣りになるかなぁー。
でもオニもそろそろ何とかしたいしどうしよかな。
オニも底引きで一網打尽にされてるからなぁ。


001.jpg
1.8kg脂が乗ってそうで腹がふっくらしてる。


002.jpg
ご存知の通り尾鰭の緑が黒い線になっているのが真鯛の証。
チダイは体形が似てるがこれがない。


003.jpg
本日はマダイ、ソコイトヨリ、カイワリ、イナダ、それにマルソウダの五目釣り。


マリーナの桟橋の水圧が上がり洗船が今までの4分の1で済む。
 本当に信じられないぐらいで大いに助かる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:44 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする